HONDAが行う、SNSを活用したマーケティング戦略

会社情報

会社名:本田技研工業株式会社
従業員数:25,379人(単独)
売上収益:14兆9,310億円(連結)

企業が抱えていた課題

HONDAは自社でマーケティングを行っていましたが、デジタル化に伴い、雑誌などへの高い広告料を支払うよりも、デジタルに特化した大手の広告代理店を利用しています。

利用するまでには、各専門雑誌や該当看板などにも力をいれていましたが、広告もデジタルシフトしています。

どのようなWEB・SNSマーケティングを行ったか

HONDAなど大手企業も多くの業務をシステム化し、WEBマーケティングは外部委託していますが、広告は日本だけでなく、海外向けのWEBマーケティングもSNSを活用したりしながらマーケティングも行いはじめました。

海外向けの多くのユーザーに広告を発信するためにSNSを用いマーケティングを行うなど次世代に乗っ取った広告戦略を展開しています。

SNSを用い新商品をリリースする際にもfacebook広告を利用するなどしてリーチを高め集客しているので順調なデジタルマーケティングを行うようになりました。

どのような効果が出たか

SNSマーケティングを外部委託することで、SNSを使用した広告など最も集客力のあるサイト掲載が可能となります。

SNSを使用したマーケティングはボーダレスなので語ローバルに展開している企業にとっては格好のプラットフォームとなり、よりマーケティングに適しています。

WEB・SNSマーケティング導入企業の声

HONDAのマーケティング部署からは、部署の仕事も企画などに手を回すことが可能となり、外部委託して、業務を促進することがき、また反響が多くなり非常に満足しているとの声をいただきました。