いきなりですがエンジニアの方がWEBマーケティングの技術を覚えることが出来る方がいいって知っていましたか?

多分ほとんどの方はあまり信用していないと思いますか実はそんなことなんかないと決めつけている方が多数を占めると思いますが実はそんなことがあるんです。

ではなぜそうなるのかを下記にまとめましたのでエンジニアの方は必見ですのでぜひ最後までご覧下さい。

エンジニアはWEBマーケティングを覚えるとなにがおこる!?

そもそなぜエンジニアがWEBマーケティングを覚えると勝ち組といっても過言でないんです。

それではまずはじめにエンジニアがWEBマーケティングを覚えることが出来ると勝ち組なのかその理由をお伝えします。

その理由が元リクルートの社長である藤原和博さんのお言葉です。

「3つのキャリアを5年から10年ずつ経験して、その掛け算で希少性を獲得し、100万人に1人の存在になりましょう。」出典 ダイヤモンド記事

と仰っていました。

たしかに仰るやり方で考えるとさまざまなジャンルで応用が出来ます。

ではなぜエンジニアがWEBマーケティングを覚える事で勝ち組になれるのかの部分ですがまず上記の計算で考えます。

そしてエンジニア職×WEBマーケティング×〇〇とこの2つを押さえておくことでほとんどの職業に応用することが出来るんです。

そのためエンジニア職の方はWEBマーケティングを覚えておくことでさまざまなソリューションを行うことが出来る様になります。

WEBマーケティングってどんな仕事なの

WEBマーケティングを覚える前にどんな仕事内容はどんななのか解説します。

WEBマーケティングの作業内容としては下記になります。

  • 集客施策
  • ターゲット解析

それでは1つずつ解説します。

集客施策

WEBマーケティングの目的は集客率を上げることです。

そもそも集客率を上げることが出来なければWEBマーケティングの意味がありません。

集客率を上げるには一般的な方法として2つあります。

1つ目がSEOです。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称になります。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成を行なったり調整をすることです。

上位表示させるには自社サイトのテーマにあったコンテンツを掲載します。

検索ワードをたくさん入れることだけに固執せずにユーザーに役立つ情報などを織り交ぜてユーザーの目を惹く内容にします。

見たいページをすぐに検索したり出来る様にするために利便性の高いサイトにすることでストレスフリーになりユーザーのアクセス数を増やすことが出来ます。

次に紹介するのが広告になります。

WEB広告の場合はリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

広告を出す場合には担当者は以下の運用を行います。 

ゴール設定

CV数(コンバージョン数)と呼ばれる広告にアクセスして商品を購入したりお問い合わせや資料請求などの広告主のメリットになった数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

例えるとCV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

運用方針の立案

次に上記でお伝えしたゴール設定をしたらゴールまでのプロセスを設定します。

そのためにターゲット設定を行い広告のアクセスページから購入までのルートを考え効果を確認する指標(KPI)を設定します。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行します。

その後に施策の成果の確認を行います。

SEO対策ではコストはほとんどかかりませんが広告の場合のコストは高額なのでマーケティング担当者は費用面も考えながらよい広告の出しかたを考える必要があります。

アクセス解析

WEBサイトの解析を行います。

解析する内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行います。

そして入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行い

離脱しやすいページの状況を見ながらデザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

エンジニアがWEBマーケティングを覚えるためには

それではエンジニアがWEBマーケティングを覚えるためにはどのようなことをすれば良のかを解説していきます。

エンジニアがWEBマーケティングを覚えるのにおすすめのやり方は下記になります。

  • SEOブログ読み漁る
  • 自身でキーワード設定
  • ペルソナ設定を行う
  • SEOブログを開設する
  • アフィリエイト広告を設置する
  • スクールに通う
  • 本を購入

以上がWEBマーケティングを覚えるためにおすすめのやり方になります。

それでは順番に解説します。

SEOブログ読み漁る

まずはじめにSEOブログを読み漁るにしたのはSEOについてしっかりと考えてきませんでした。

キーワードツールを呼びます。な

今回ご紹介するのが

そうならないための対策としてSEOブログを読み漁りSEOについて具体的に学んで下さい。

自身でキーワード設定をさはこそ

自身でキーワード設定を行いますり

まず自身でキーワードを1つだけ設定します。

その後にそのキーワードの複合キーワードを設定します。

ペルソナ設定を行う

キーワードの設定が終了したら次にペルソナ設定を行います。

ペルソナ設定を終わらせたら次に実践になります。

SEOブログを開設する

本番のSEOブログの開設になります。

先程、設定したキーワードやペルソナを基にSEOブログ記事を書きます。

こうすることでWEBマーケティングについて学ぶことが出来るのです。

アフィリエイト広告を設置する

次にSEOブログだけでは面白くないのでアフィリエイトもやりましょう。

アフィリエイトを入れることでWEBマーケティングのスキルをさらに伸ばすことが出来るからです。

スクールに通う

1番手取り早いのがスクールに通うことです。

スクールの中には就職保証をしてくれている会社ですので1人で就職活動をするのが嫌だと仰る方はこちらがおすすめです。

本を購入

次におすすめするのは参考書などの本です。

合間時間などで手軽に読むことが出来るのでおすすめです。

エンジニアはWEBマーケティング会社に入社するべきなのか

エンジニアはWEBマーケティングを覚えたら会社に入社すべきなのかですがこれは入社した方がいいと思います。

その理由としてはWEBマーケティングを覚えると副業の幅がひろがります。

そうすることでさまざまな案件を仕込む事が出来るので最初は副業と本業で稼いでその後に副業を本業に変えて儲けるのがいいとおもいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はエンジニアがWEBマーケティングを覚えたらについて解説しました。

エンジニア×WEBマーケティング×〇〇はかなり有利になると思います。

今の世の中ではエンジニアの仕事が溢れかってる状況なんです。

ですのでエンジニアの方は今がチャンスですので何卒よろしくお願いします。