Sustainability

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

トップメッセージ

社会課題の解決を起点とした新たなビジネスを創出し、サスティナブルで魅力的な社会への貢献を通じて、人間力を醸成する企業であるために

アウロンパートナーズは、『選択格差のない社会へ』というコア・イデオロギーのもと、障がいや加齢などの様々な制約や制限をお持ちの方の尊厳ある豊かな社会生活のために、医療や介護、福祉事業のノウハウやサービスの提供及び事業展開に取り組んでまいりました。

私たちは、企業活動が社会・環境・経済へ与える影響について認識し、優先的に取り組みべき3つの重点テーマの特定を行うとともに、強みを生かした事業展開により社会課題の解決を起点とした新たなビジネスを創出し、サスティナブルで魅力的な社会への貢献したいと考えております。

近年、経済発展とテクノロジーの革新的な進化は、社会の選択肢を増加させ、私達は便利な生活をおくれ るようになり、それらを日常的に経験した私達はすべての業界で同様な利便性や信頼性を求めるに至り、今、主導権を握っているのはまさに私達一人ひとりです。

少子高齢化が進む日本において、障がいや加齢などの様々な制約や制限をお持ちの方の経済的・精神的な自立機会をお届けし、アウロンパートナーズ独自のマーケティング技術にて地域の企業な多様な発展を社会課題と当事者の観点から解決し、地域社会の健全な発展に貢献していきます。

3つの重点テーマ

アウロンパートナーズは、社会・環境・経済への影響について把握し、より効果的な活動につなげるため、アウロンパートナーズとして優先的に取り組みを強化すべき課題を選定し、重点テーマの特定を行っています。

労働と経済貢献の両立

当社は、障がいや加齢に伴う就労機会が少ない方への労働機会のご提案に際し、経済への積極的参加による”働きがいのある豊かで人間らしい生活”の実現に向け、経済への参加と経済成長への貢献の両立に重点をおきます。

障がい者就労機会の平等

高いデジタル技術及びマーケティングノウハウ、トレンドへの深い理解によって、障がいや加齢に伴う就労機会や賃金格差が生じないフェアでノーマライゼーションなビジネスフィールドへの提供に重点をおきます。

パートナーサクセス

医療介護福祉事業者の持つ個性やビジョンを尊重し、パートナーシップとコラボレーションを通じて、持続可能なビジネス開発に重点をおきます。