パソコンやスマートフォンの普及で近年WEBマーケティングの技術に注目を集めています。

ですのでさまざまな企業からWEBマーケティングの需要が高まりつつあるので今回は効率化を図るためにおすすめのツールをご紹介します。

現在WEB担当で作業効率の見直しを考えてる方やこれからWEB担当を予定している方はぜひ必見となりますので最後までご覧下さい。

WEBマーケティングについて

そもそもマーケティングの表現はそれぞれ違うかもしれませんがトータルして言えるのは売れる仕組みを作ると集客率を上げることを指しています。

実際に経済学者として名高いピーター・F・ドラッカーも「マーケティングの理想は販売を不要にする」と述べていることでも有名です。

そのためマーケティングって言うとかなり幅広い業種として分けられることが多いですが、広報やブランディングでもマーケティングと表現されることが多いです。

なのでマーケティングは売れる仕組みを作ると言うことを意味しているのであればWEBマーケティングとはどのようなものか少しはイメージがついたと思います。

WEBマーケティングの仕事内容

WEBマーケティングとは上記でお伝えした売れる仕組みを作り集客率を上げるためのプロセスをWEBで行うことです。

簡単に言ってしまうとネットを使って売上げをアップさせて集客率を上げることです。

それでは売上げや集客率を上げるためにはどのような仕事をしているのかを詳しく解説します。

広告

集客率を上げるために行う方法で1番先に思い浮かぶことといえば広告ではないでしょうか。

例えば電車内に張り巡らされた広告・ビルなどにある大型看板・新聞の折込チラシ・WEBなどで頻繁に出てくる広告など広告といえど多岐にわたってあります。

もっと詳しく解説するとインターネット広告にも実はさまざまな種類があります。

最も目にする広告はサイトやブログに掲載されているバナー広告だと思います。

またTwitter・Facebook・InstagramなどのSNSのタイムラインに流れる広告もありますね。

他には、GoogleやYahoo!などで検索した時に一覧の中に出てくる広告と書かれたものがあるのを見たことがあると思います。

それでは広告に関する仕事の流れは下記の通りです。

広告を見極めろ

まず広告選びとしては多くの見込み客の目に触れさせることが大切です。

複数の広告媒体に出稿する場合はにはその割合も決めなくてはなりません。

広告クリエイティブとLPの内容の検討

広告クリエイティブとはLP(エルピー)とはLandingPage(ランディングページ)の略称になります。

またバナーやテキスト広告をクリックしたときのジャンプ先のページです。

商品やサービスの魅力が十分伝わるようにこれらの内容を検討します。

バナー・LPの制作を上記の内容で決めたバナーやLPを制作します。

広告クリエイティブとLPができましたら次は掲載するための準備をします。

広告運用

掲載されている広告の集客効果を検証します。

その後に配信設定を見直したり広告クリエイティブを改善したりします。

誰がどこまで担当するかは会社によって異なりますので伏せておきます。

SEO(検索エンジン最適化)

次に解説するのはSEO(Search Engine Optimization)はサーチエンジンオプティマイゼーションの略です。

これを日本語にすると検索エンジン最適化です。

よく使われている検索エンジンはGoogleですよね。

Googleなどの検索エンジンに「ユーザーの役に立つページ」と思ってもらえるようにWEBサイトを便利にすることも仕事の1つです。

目標の日にちをきてに検索エンジンからサイトへ集客するのがSEOです。

それではSEO仕事の流れは下記の通りです。

まずはじめにキーワード選定をするために分析を行います。

キーワード選定を行いターゲット層が検索するキーワードは何なのかを洗い出す必要があります。

またそのキーワードには検索数がいくつあるのかあ

そしてSEOの醍醐味として上位表示はされたのかのか?

などといったことを調査して選定を決めます。

コンテンツ作成

コンテンツとは、Webページの内容のことです。

最近のGoogleの傾向として、コンテンツの質が重視されているため、コンテンツ作成が重要なポイントになります。

対策するキーワードに適したコンテンツを考え、原稿を作成します。

また、文章だけではわかりにくい部分には適切な画像を入れます。

SNS

Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどのSNSも集客手段のひとつです。

SNSをお使いの方は、企業の公式アカウントというものを見たことがあると思います。

WEBマーケティングはツールが必要なのか

WEBマーケティングでツールが必要かの部分ですが当然ツールがあることで作業効率を良くすることが出来ます。

ですのでツールは必要といえます。

WEBマーケティングにおすすめ10選

どのような効率化を図ることができるのかを10選にまとめたのでご覧下さい。

Googleアナリティクス(アクセス解析ツール)

GoogleアナリティクスとはGoogleが提供するアクセス解析ツールになります。

解析ツールはマーケター必須のツールです。

ではこのツールは何が出来るのかというと3つポイントがあります。

そのポイントが下記になります。

  • 何人が訪問しているのか
  • どのくらいの成果が出ているのか
  • どのページが1番見られているのか

以上のポイントが解析ツールを利用することでわかります。

この3つのポイントはWEBマーケティングを行う上で必須条件になります。

ONI Tsukkomi   鬼ツッコミ(サイト改善ツール)

このツールは、ユーザーからWebページに対するつっこみをもらうツールです。

このツールを使う事で今までなかった情報を得ることが出来るのでWebサービスに対するリアルな「本音」を即座に把握できるツールになってます。

User Heat (ヒートマップツール)

熟読エリア・分析クリックエリア分析などの合計5つの種類のヒートマップでサイトのすべてのページを把握することができます。

Optimizely X (Optimizely X)

機能が豊富で外部サービスとの連携も充実しています。

iOSとAndroidのネイティブアプリ向けのABテストも可能となっています。

Googleサーチコンソール(SEOツール)

どんなキーワードで検索したユーザーがサイトを訪れているのかや自分のサイトへのリンクがどこから貼られているかまたはサイト内のページにエラーが発生していないかどうかなどのSEOに重要な様々な指標を確認することができます。

コンテンツエビス(コンテンツマーケティングツール)

コンテンツがどれくらい成果につながっているかの評価をするのは困難です。

ですがコンテンツエビスは下記の項目を評価することが出来ます。

  • 流入評価
  • 読了評価
  • 共感評価
  • 拡散評価
  • 成果評価

という5つの指標を元に「コンテンツスコア」という機能でコンテンツを評価してくれるツールです。

Googleトレンド(リサーチツール)

キーワードの検索推移・他のキーワードとの比較

・急上昇中キーワードの調査・特定キーワードを検索している人が他に何を検索しているのかを調査する無料のツールです。

コムニコ マーケティングスイート(ソーシャルメディア活用ツール)

FacebookページやTwitterの投稿管理や効果測定にかける作業を軽減してくれるツールです。

投稿機能・分析機能・モニタリング機能・ライブラリという4つの機能があります。

Social Insight (ソーシャルメディア活用ツール)

ソーシャルメディア運用を支援する管理・解析ツールです。

クチコミ傾聴・SNSアカウント分析などの3つの機能を備えていますのでマーケティングにはありがたい機能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現在ではさまざまなツールがあるのでこれを活用することで作業効率があがり質の高いマーケティングを行うことが出来ます。

この機会にぜひ導入してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂き有難う御座います。