営業活動を積極的に行っているけれど、なかなか思う通りの成果が出ず困っている営業担当者の方も多いのではないでしょうか。

顧客情報が増え続けるなかで、営業人員だけを増やしているだけの営業手法では、はっきりとした効果が出にくくなりました。

そこで、「インサイドセールス」を導入した営業活動についてご紹介します。

本記事で解説するメリットを通して、自社でどのように活用できるかの参考にしてみてください。

業務効率が劇的UP!アフターコロナの営業手法「インサイドセール」の3つのメリット

インサイドセールスとは?

インサイドセールスとは、自社で保有する見込み顧客に対して、アプローチを行う営業手法です。

営業活動で一般的である外勤型の営業スタイルと異なり、電話・メール・ITツールなどを用いながら、コミュニケーションを継続的に取ります。

インサイドセールが注目される理由

インサイドセールスが注目されるようになった理由は、従来の営業活動と比較し、効率的に顧客を獲得しやすい利点があるためです。

これまでの営業スタイルは、自社の営業担当者が顧客先まで訪問し、提案書や仕様の説明を行っていました。

もちろん、顧客に対して真摯に対応しているという面から、質の高い商談になりやすい一方、「必ずしも案件につながる可能性がないこと」、「一件ごとの商談や移動時間が発生する」といったデメリットの側面に悩んでいる企業も少なくありません。

インサイドセールスは、ポテンシャルの高い見込み顧客の優先順位付けや、あらかじめ見込み顧客をリストアップすることで、商談の成功率を高められる効果を期待できます。

企業がインサイドセールスを強化するメリット

企業がインサイドセールを導入するメリットは、主に3つあります。

業務効率の向上」「少ない人数で効果を出しやすい」「営業活動の情報を管理しやすくなる」の3つです。

3つのメリットを踏まえて、自社の導入の参考にしてみてください。

インサイドセールスのメリット①:従業員の業務効率向上につながる

インサイドセールのメリットとして、従業員の業務効率向上につなげられる点が挙げられます。

売上につながる可能性が高い見込み顧客を優先順位付けするため、商談回数を絞り、効率的に営業活動を行えるようになります。

移動時間の削減や、ほかの業務に時間を回すことも可能で、自社全体の生産性を高められるのがメリットです。

インサイドセールスのメリット②:少ない人数で効果を出しやすい

また、少ない人数で営業効果を出しやすいのも、インサイドセールスの利点です。

インサイドセールス側で正確に見込み顧客を分別し、顧客先へ直接訪問する営業人員の数自体を減らすことができます。

人で不足が課題となる企業が増えているなかで、限られた人員数でも結果を出すためには、インサードセールス導入による効率化が重要です。

インサイドセールスのメリット③:営業情報を管理しやすくなる

3つ目のメリットは、営業情報の管理が便利になることです。

従来の営業活動では、営業担当者が、見込み顧客から商談中の顧客情報まで、それぞれ異なるステップの顧客を扱っていたことから、情報整理に難点がありました。

インサイドセールス型の営業活動では、営業のステップごとに、内勤営業のインサイドセールスと、実際に顧客先に出向くフィールドセールで顧客を分けます

顧客情報の管理が容易となり、各営業担当者の負担軽減にも効果的です。

営業活動にインサイドセールスを導入しよう

営業活動を効率的に進めたい場合、インサイドセールスの導入を検討してみてください。

見込み顧客へのアプローチや優先順位付けを行うインサイドセールス担当と、優先度の高い顧客先へ営業活動を行う担当者を分けることで、営業成果が出やすくなります。

少ない人的リソースを最大限に活かすためのも、インサイドセールスによる営業活動を実施してみましょう。