4月といえば新卒生がどんどん会社に入社するシーズンですよね。

大学や高校を卒業していろんな業種の仕事を始めて、不安や希望でいっぱいだと思います。

そんな中WEBマーケティングなどの高度な技術を要する仕事に就かれた新卒生の方は、勉強などどうしたら良いのか分からず憂鬱な思いをしていませんか?

今回はそんな新卒生のために「そもそもWEBマーケティングは未経験でも出来るものなのか?」や勉強法をまとめました。

新卒生の方や、未経験だけどチャレンジしてみたいって方は必見なのでぜひ最後までご覧下さい。

新卒生でもWEBマーケティングは出来るの?仕事内容や勉強法を解説!

WEBマーケティングってどんなお仕事?

まずはじめにそもそもWEBマーケティングとはどんな仕事内容なのかを説明していきたいと思います。

Webマーケティングとは

Web広告による集客・自社サイトを使い商品情報を発信することやSNSを使った情報発信などを行います。

主にサイトに人を集めたりユーザーが興味を持つようなコンテンツ作りを考えたりユーザーにとって使いやすいサイト設計をすることで集客率を上げることが目的となります。

他にもサイトにどのような検索訪れているかやどのページが一番見られているのかを解析します。

メルマガ作成をユーザー向けに週3回行ったり、SNSの運用でTwitterやFacebookなどを定期的に更新したり、ランディングページと呼ばれるサイトの入り口となるページの設計を行います。 

ここからはWEBマーケティングは未経験でも出来るのかについて解説します。

WEBマーケティングって未経験でも出来るのか?

WEBマーケティングにはさまざまなスキルが求められます。

その中でも重要な4つのスキルをピックアップしました。

交渉力・コミュニケーション能力・向上心・発信力が必要になります。

これだけ聞くと一見「営業マンなの?」と錯覚してしまいますが、実はWEBマーケティングを行う際にもこの4つのスキルが求められるのです。

Webマーケティングでは色々な施策を行うのですが、自由にやっていいわけではありません。

重要なスキル①:交渉力

まず大前提として予算内で行う必要があります。

そこで他社との商談が発生するのですが、より低価格で発注することが求められるので好条件の契約をするためには交渉力が重要になってきます。

そして両社が納得できる契約が成立出来れば、その後の契約継続にもつながりますので気持ちよく仕事をすすめて行くためにも重要なスキルになります。

重要なスキル②:コミュニケーション能力

Webマーケティングは1人で完結する仕事ではありません。

同じ職場のメンバー・他部署・先ほどの交渉力のお話でもあったように社外の方とやりとりする機会も多いです。

一般的にコミュニケーション能力が高い人というと顔が広いや話が上手といったイメージが強いかもしれません。

しかしそういう事ではなくて自分の考えを正確に伝えられる表現力だったり相手の話をじっくり聞ける姿勢などの基本的なことが大切になります。

いわゆる言葉のキャッチボールをしっかりと行い相手と意思疎通が出来ているのかというところにあります。

重要なスキル③:向上心

WEBの世界は流れが非常に速いです。

例えばSEO対策などでつい最近までは当たり前とされていたことが数ヶ月後には全く通用しなくなっていたりすることも珍しいことではありません。

ですのでWEBマーケティングは常に勉強が求められる仕事になります。

新しい知識を常に吸収していこうと向上心がなければ流れについていくことができませんので仕事を続けることも難しくなってしまいます。

重要なスキル④:発信力

インフルエンサーと呼ばれる人たちがいるように、情報発信をする職業はSNSだけでなく広告やオウンドメディア行われます。

そのためさまざまな人達に影響を与えることのできる発信力が求められています。

時代のトレンドを先読みする能力や発信方法を選択するセンスなども発信力には含まれるのです。

WEBマーケティングにはWEBを介してユーザーを動かすことが目的になるのでユーザー目線になれる柔軟性も求められます。

WEBマーケティングでは広告運用に必要なスキルが身につく?

リスティング広告運用を仕事にするということは、どの企業も例外はありません。

そのため広告運用の際には、excelやWordなどの、Microsoft office機能を使用しています。

主なMicrosoft officeの使用用途を以下にまとめました。

Microsoft officeの使用用途

・広告入稿(ワード)
・レポート作成(ワード)
・提案資料(パワポ)
・管理表作成(エクセル)

上記の4つがMicrosoft officeを使い、WEBマーケティングを行う際の使用用途になります。

広告入稿に関しては先程もお伝えした通りどの企業でも行っているのですが、レポート作成や提案資料・管理表作成に関しても覚えるのは必須になります。

では覚え方としてどのようなやり方があるのかというと、仕事の空き時間などを利用して無料の練習問題を解いたりして基礎を学ぶことが大切になります。

おすすめの勉強法

おすすめの勉強法は、まず本を読むことです。

参考書やYouTubeの学習動画を視聴したりするのもおすすめです。

他にもスクールに通う方法もあるのですが、どうしてもスクールに通ってしまうと授業料が高くて手が出しづらいですよね。

でも中には動画教材のみの販売を行なっているスクールもあるので、そこであれば10,000円台で販売しているスクールもあるのでそちらを利用するのもおすすめです。

WEBマーケティングに向いてる人

WEBマーケティングに向いているのは下記の方が向いていると思います。

WEBマーケティングに向いてる人

・さまざまな事を分析するのが好きな人
・勉強をすることが好きな人
・トレンド意識が強い人
・ハッキリと意見が言える人
・計画性がある人
・論理的に物事を考えられる人
・ポジティブな人

それでは代表的な特徴を4つ解説していきます。

WEBマーケティングに向いてる人①:さまざまな事を分析するのが好きな人

WEBマーケティングはとにかく分析するのがメインになります。

そのため何事も分析する方は天職といっても過言ではないです。

例えばネットサーフィンなどを行なっている際になぜこれが売れているのかどんな人が購入しているのかが考えられれば WEBマーケティングが苦に感じることはないでしょう。

WEBマーケティングに向いてる人②:勉強をすることが好きな人

WEBマーケティングではとにかく勉強が必要です。

なぜならインターネットの世界の流れは本当に早いです。

トレンドの移り変わりやSEO対策のやり方などつい「この間まではこのやり方だったのにもう変わったの?」なんて日常茶飯事です。

なので常に勉強することに余念がない方はおすすめです。

WEBマーケティングに向いてる人③:ハッキリと意見が言える人

営業活動もするので相手に気を遣い過ぎてはダメです。

ハッキリと相手に意見が言えないと相手のペースに呑まれてしまいこちらの要望の金額で契約をすることが出来ないのです。

WEBマーケティングに向いてる人④:論理的に物事を考えられる人

物事を論理的に考えることは大切なことです。

営業しかりWEBマーケティングしかりどんなことにも共通していえることになります。

他にも共通していえるのはポジティブ思考です。

人間はネガティブ思考に陥ってしまうと作業効率が下がってしまい仕事が手につかなくなってしまいます。

そのためポジティブ思考の方や論理的思考の方はおすすめです。

WEBマーケティングは、人間としても成長できる

いかがでしたでしょうか。

今回は新卒生がWEBマーケティング部署に配属されたらについてお伝えしました。

正直WEBマーケティングは簡単ではありません。

ですが他の仕事と違い人間としても成長出来る仕事だと思います。

さらに WEBマーケティングを覚えることにより独立を視野に入れて活動したり副業を始めることも出来るのです。

学校を卒業して就職して大変な時期ですがめげることなく頑張ってもらえればと思います。

それでは最後までご覧頂きありがとうございます。