皆さんアフィリエイトと聞くとどんなイメージを持たれていますか?

詐欺とかネズミ講などの悪いイメージを持たれてる方が多いと思いますがアフィリエイトは悪い広告ではありません。

なので今回はWEBマーケティング勉強法や手軽に出来るアフィリエイトなどを解説しますので最後までご覧下さい。

  • アフィリエイトの仕組み
  • WEBマーケティングを使いアフィリエイトで稼ぐには
  • WEBマーケティングとは
  • WEBマーケティングでアフィリエイトをすると勉強にもなる
  • 実は初心者でもアフィリエイトは出来るんです
  • 今後もアフィリエイト広告は必須
  • まとめ

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイト広告の仕組みについて解説します。

アフィリエイト広告について理解するために、まずは、以下の3つの存在を頭に入れてください。

・アフィリエイター

・広告主

・ASP

媒体主であるアフィリエイターとは自分のWebサイトやブログにおすすめ商品・サービス」の広告を掲載する人です。

掲載を行った広告がおすすめ商品・サービスが売れた場合おすすめ商品・サービスを提供している企業から売上の一部を報酬として受領します。

広告主とは自社の商品やサービスを売りたい企業のこと。

売上を増やすために自社商品やサービスをアフィリエイターに紹介してもらいます。

そして媒体主経由で売上が発生した場合、売上の一部を媒体主に支払います。

ASP(Affiliate Service Provider)とは、アフィリエイターと広告主をつなげる仲介役のこと。

ASPが存在しなくてもアフィリエイト自体は成立します。

しかし広告主は一人ひとりのアフィリエイターと個別に契約しなければならず管理も大変です。

アフィリエイターも広告主である企業と一社一社と交渉し契約を結ばなければならないのでアフィリエイトのハードルが上がってしまうでしょう。

WEBマーケティングとは

Webマーケティングとは WEBサイトなどの集客や商品情報を発信などを行います。

まず自社のホームページやブログに集客をします。

そしてユーザーが興味を持つようなコンテンツ作りをするのですがそのためには立案が必要です。

ユーザーにとって使いやすいサイト設計を行うことで集客率を上げることが目的です。

他にもサイトにはどのような検索ワードで訪れているかやどのページが一番見られているのかを分析します。

こうする事で集客率のアップにつながります。

他にもユーザー向けのメルマガ作成を週3回行ったりSNSの運用でTwitterやFacebookなどを定期的に更新したりランディングページと呼ばれるサイトの入り口となるページの設計を行います。 

WEBマーケティング仕事内容

WEBマーケティングの仕事内容を解説していきます。

主に作業内容としては下記になります。

  • 集客
  • 分析

それでは1つずつ解説します。

集客

WEBマーケティングの目的は集客にあります。

集客が出来なければWEBマーケティングの意味がまずありません。

集客の代表的な方法として2つご紹介します。

1つ目がSEOになります。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称になります。

検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成・調整をすることです。

上位表示させるには自社サイトのテーマにあったコンテンツ掲載します。

SEO対策として検索ワードを常に意識したユーザーの生活に役立つ知識などのユーザーの得になるような情報を織り交ぜます。

見たいページをすぐに検索したり出来る様に利便性の高いサイトにする。

次に紹介するのが広告になります。

WEB広告の場合ですとリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

ゴール設定

CV数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

例えるとCV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

運用方針の立案

上記でお伝えしたゴールの設定をしたらゴールまでのプロセスを設定します。

そのためにターゲット設定をしたり広告のアクセスページから購入までのルートを考え効果を確認する指標(KPI)を設定します。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行します。

その後に施策の成果の確認を行います。

またSEO対策にはコストはほとんどかかりませんが広告の場合のコストは高額になります。

なのでマーケティング担当者は費用面も考えながらよい広告の出しかたを考える必要があります。

分析

WEBサイトの解析を行います。

解析する内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行います。

アクセス解析

入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行います。

離脱しやすいページの状況を見ながらデザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

WEBマーケティングを使いアフィリエイトで稼ぐには

WEBマーケティングを使いアフィリエイトで稼ぐにはブログ記事がおすすめです。

ブログ記事でも個人用のブログ記事ではなくSEOブログになります。

このSEOブログの記事を作成などを定期的に行うことでアフィリエイトでの広告収入が増えるながれが自然と出来てきます。

またSEOブログを作成させる上でキーワードとペルソナ設定も重要になってきます。

上記の2点をしっかりと行わないとSEOブログを書いたところで上位検索される事がなくなります

それでは意味がないのでしっかりとキーワードとペルソナ設定は行いましょう。

WEBマーケティングでアフィリエイトをすると勉強にもなる

WEBマーケティングでアフィリエイトを行うと勉強にもなるので一石二鳥です。

お金が稼げてWEBマーケティングも覚えられるなんて夢のような話じゃないですか。

ではなんでWEBマーケティングの勉強にもなるのかというと

まず先程もお伝えした通りSEOブログを作る際にリサーチを行う必要が出てきます。

リサーチとはWEB上の情報の調査を行いその後、設定しているターゲット層の行動を調べます。

そしてそのターゲット層がそのサイトに訪れる際になんのキーワードで検索してきたのかやサイト内での動向を調べます。

そういった情報を基に集客率をアップさせてさらに自然と商品が売れる流れを作ります。

実は初心者でもアフィリエイトは出来るんです

そうなんです。

初心者でもアフィリエイトは出来るんです。

さらにそこにWEBマーケティングを入れることにより収益を上げることも出来るので夢がかなりあります。

初心者でまず必要なのは諦めずに頑張って学ぶ事が必要なんです。

それがしっかりと出来ればきっとうまくいきますので頑張ってください!

今後もアフィリエイト広告は必須

今後もアフィリエイト広告は必須になります。

その理由としては単純で宣伝活動や販促活動の機会なのでそんな機会を企業側がなくなどまずあり得ません。

なのでアフィリエイト広告に関しては無くならないのでWEBマーケティングを活用しながら頑張りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アフィリエイト広告をで収入を得ながらWEBマーケティングも覚える事ができるなんて夢のような話ですが現実なんですよね。

WEBマーケティングが上達してくればアフィリエイト広告でのアクセス数も伸びるので全ては連動しているのですね。

初心者でもアフィリエイト広告は出来るので勉強を惜しまずに学習しながらYouTube宣伝するのも1つの手になりますので頑張りましょう。

最後までご覧いただき有難う御座いました。