コンテンツマーケティングとSEOには、それぞれ異なる目的があります。

もし、あなたが以下のような考えを持っている場合、コンテンツマーケティングとSEOを混同して考えているかも知れません。

コンテンツマーケティングとは

・コンテンツマーケティングは集客手段
・コンテンツを量産すれば検索されて有名なサイトになる
・検索エンジンの評価を高めると利益につながる

目的に違いがあるのにも関わらず、混同して捉えてしまえば、的確な行動ができずに失敗する可能性が高まります。

この記事では、コンテンツマーケティングとSEOの関係を解説します。

各章で分かりにくい単語も詳しく説明するので、これから始める人も理解しやすいはずです。

興味のあるところから読む
  1. 混同しやすいコンテンツマーケティングとSEO対策・コンテンツSEOの違い
  2. コンテンツマーケティングで覚えておきたいSEO対策の傾向
  3. コンテンツマーケティングとSEOを混同して考えたときに起こる失敗事例
  4. 成功事例からコンテンツマーケティング施策を考える
  5. コンテンツマーケティングとSEOを結び付けて成功させるポイント
  6. まとめ|SEOをうまく活用できればコンテンツマーケティング効果が高まる

混同しやすいコンテンツマーケティングとSEO対策・コンテンツSEOの違い

まずは、簡単に違いを理解するために、以下の表を確認してみましょう。

コンテンツマーケティングSEO対策・コンテンツSEO
位置付け戦略戦略を成功させる1つの手段
目的顧客の興味・関心を育てるサイトを検索の上位に押し上げる
コンテンツの種類       テキスト・動画・SNS・メールマガジン など   記事や動画タイトルなど検索エンジンが判別できるテキストのみ
最終目標顧客を企業のファンにする集客を増やす

一目見ただけでも、全くの別物であることが分かるはずです。

ただ、表を見ただけでは理解できない部分もあるので、以下2点に分けて言葉の意味を詳しく解説していきます。

コンテンツマーケティングとは|ファンを作る戦略
SEO対策・コンテンツSEOとは|戦略の集客段階で使える手段

言葉を理解すれば、自然に違いも見えてくるはずです。

それぞれ一体どのような意味があるのか、考えながら見ていきましょう。

コンテンツマーケティングとは|ファンを作る戦略

コンテンツマーケティングは、顧客と企業の関係を深め、最終的にファンを作り出す戦略です。

あなたが何かものを買うとき、よく知った企業の商品を選ぶことがあるでしょう。

日用品などの単価の低い商品は、テレビCMや新聞の広告など、Web以外の媒体で常にふれています。

しかし、単価が高く購入のハードルが高い商品を選ぶときは、値段や性能を比較するのが一般的。

比較段階では、興味がある商品から優先的に調べるでしょう。

そして、興味がある商品を調べるのは、既に認知しているからこそ生まれる行動です。

そのため、戦略を立てるときは、顧客の購入から認知までを逆算して考えなければなりません。

逆算して考えると、以下の4ステップになります。

マーケティング4つのステップ

1.そもそも企業を知らない人に認知させる
2.興味・関心を惹きつける
3.商品を比較・検討してもらう
4.購入に導く

つまり、上記の4段階を解決するコンテンツを発信することで、顧客との関係を深めていくのがコンテンツマーケティング。

しっかりと戦略を設計すれば、企業を知らない潜在顧客から商品購入を検討する顧客まで幅広い層に向けたアプローチできるようになるでしょう。

また、アプローチする手段も幅広く考える必要があります。

たとえば、顧客が利用する媒体は以下のようなものです。

顧客が利用する媒体

1.テキスト(Web記事)
2.動画(YouTube・TikTokなど)
3.SNS(Twitter・Facebook・Instagramなど)
4.メールマガジン
5.カタログ

上記の情報をとおして、顧客と企業の関係を段階ごとに深めていきます。

そして、戦略の最終的な目標は、関係を深めた顧客が企業のファンとなり定着することです。

ファンとして定着する顧客を増やすことで、次のような利益が期待できます。

ファン化することで期待できる利益

1.商品が繰り返し購入される
2.商品の良い口コミが拡散される
3.単価の高い商品購入が購入される

ここまでの内容をまとめた表は、以下のとおりです。

位置付け戦略
目的顧客と企業の関係を深める
コンテンツの種類        ・テキスト(Web記事)・動画(YouTube・TikTokなど)・SNS(Twitter・Facebook・Instagramなど)・メールマガジン・カタログ など
最終目標顧客を企業のファンにする

次は、SEO対策とは何か見ていきましょう。

SEO対策・コンテンツSEOとは|戦略の集客段階で使える手段

SEO対策は、Web検索でサイトやコンテンツを上位表示させ、集客を増やす施策です。

また、コンテンツSEOは、サイトに貯めた記事のSEO対策を指すので、SEOと意味の違いはありません。

集客から購入までの全体的な流れを生み出す戦略と違い、SEO対策は集客段階で活用できます。

そもそもSEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字をとったもので、日本語に訳すと検索エンジン最適化。

検索エンジンには、検索欄に入力された語句を判別し、ユーザーが知りたい情報が含まれるサイトを表示する仕組みがあります。

仕組みの詳細は公表されていないものの、これまでの傾向から対策可能です。

たとえば、タイトルや見出しに検索語句を入れるといった対策は、検索上位のサイトで必ず行われているといっても過言ではありません。

検索上位になれば、多くの検索ユーザーの目に留まり、サイトに訪れる人が増えるでしょう。

ここまでの内容をまとめたものが、以下の表になります。

位置付け戦略を成功させる1つの手段
目的検索上位に押し上げる
コンテンツの種類テキスト(Web記事)
最終目標集客を増やす

検索流入を獲得する手段の1つとしてSEO対策を紹介してきましたが、次のような疑問を持った人もいるはずです。

「検索エンジンにも種類があるけど、どれに向けた対策が効果的なの?」

この疑問に対する結論としては、SEOではGoogleに向けた対策を行うべきだと言えます。

なぜGoogleの検索エンジンに最適化する必要があるの?

Googleに向けてSEO対策を行う理由は、単純に検索で利用する人が多いからです。

検索で利用する人が多いということは、多くの見込み客に情報を伝えられることを意味します。

では、実際にGoogleはどの程度利用されているのでしょうか。

以下の画像は、Webトラフィック分析サイトで、2020年4月から2021年4月までの間に日本で利用された検索エンジンの割合をグラフ化したものです。

出典:https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/desktop/japan/

赤線がGoogleで、黄線がYahoo!の検索エンジンの利用率です。

ご覧のとおり、Googleが一番多く利用され、Webで検索する人の約70%~80%と高い数値で利用されていたことが分かります。

また、日本で2番目に利用されているのはYahoo!の検索エンジンで、約10%のシェア率です。

実は、Yahoo!の検索エンジンはGoogleから提供されています。

つまり、Googleに合った対策をすれば、検索ユーザーの約80%~90%に向けたマーケティングができるようになるのです。

コンテンツマーケティングで覚えておきたいSEO対策の傾向

顧客と良い関係を構築するためには、顧客が抱える悩み向けて適切な回答を用意する必要があります。

回答を探す顧客を集める手段として活用できるのが、SEO対策でした。

対策するために知らなければいけないのは、Google検索が便利になるように日々アップデートされていることです。

アップデートされるということは、検索で表示される順位が変動することを意味します。

この章で、過去に行われたアップデートの内容を確認し、SEO対策の傾向を把握しましょう。

2011年以降にGoogleが行ったアップデートの中から、コンテンツマーケティングに関わる以下4つを紹介します。

  1. パンダアップデート(Panda Update)
  2. ペンギンアップデート(Penguin Update)
  3. モバイルフレンドリーアップデート(Mobile Friendly Update)
  4. スピードアップデート(Speed Update)

SEOの傾向を理解できれば、どのように評価されるか分かり、施策を考える材料になるでしょう。

パンダアップデート(Panda Update)

パンダアップデートは2011年2月に導入された、検索ユーザーの利便性を損なうWebページの評価を下げるアップデートです。

パンダアップデート以前は、ユーザーが検索したい語句に噛み合わない、質の低いWebページが表示されていました。

たとえば、質が低いとされるのは以下のようなものです。

  • 他サイトからコピーした文章
  • プログラムで自動生成された支離滅裂で内容がない文章
  • 文字を背景と同じ色にして不正に評価をあげた文章
  • 広告ばかりを掲載していてユーザーが知りたい情報が分からない文章

検索の邪魔になるWebページの順位が下がることで、相対的に内容が詰まった情報が行き届くようになりました。

ペンギンアップデート(Penguin Update)

ペンギンアップデートは2012年4月に実施された、質の低い外部リンクを集めたWebページの評価を下げるアップデートです。

外部リンクとは、外部のサイトから自分のWebページにアクセスするリンクです。

ペンギンアップデート実施前は、検索エンジンの評価が外部リンクの数に比例して上がる仕組み。

そのため、内容がないWebページでも、自作自演サイトから外部リンクをただ集めただけで上位に表示されることも往々にして見られました。

本来外部リンクは、良質な情報であれば自然と集まるものです。

ペンギンアップデート後は、質の低い外部リンクを集めたサイトの評価が下がり、有益な情報が検索しやすくなっています。

モバイルフレンドリーアップデート(Mobile Friendly Update)

モバイルフレンドリーアップデートは2015年4月に行われた、モバイル端末に配慮されたWebページの評価を高めるアップデートです。

配慮されたWebページとは、PCやスマートフォン、タブレットそれぞれに合った表示サイズを設定して見やすくなっていることを指します。

この表示サイズの設定は、アクセスした端末に瞬時に反応し、適切に画面表示することからレスポンシブ対応と呼ぶ場合もあります。

スマートフォンが普及する前は、Web検索結果はPCの大きな画面から確認していました。

しかし、PCの画面と比べて小さいスマートフォンの画面で同じWebページを表示すると、文字が見づらく操作もしにくいなどの問題が生まれます。

そのため、画面が小さいモバイル端末でも使いやすいWebページの評価を高める対策が取られました。

スピードアップデート(Speed Update)

スピードアップデートは2018年7月に実施された、Webページをモバイル端末で読み込むときの速度を評価に取り入れるアップデートです。

元々、PC検索でも表示速度は評価対象になっていました。

あまりに表示速度が遅いWebページは、検索順位が下がる可能性があります。

Webページの表示速度を遅くする原因は、容量が大きくなる画像や動画です。

そのため、ファイルサイズを圧縮して小さくする必要があります。

表示速度が早いに越したことはありませんが、他のサイトより読み込みが早いからといって上位表示されるわけではありません。

あくまでも質を重視したうえで、表示速度にも気を配りましょう。

ここまで見てきた検索エンジンアップデートの内容と対策をまとめたものが、以下の表になります。

アップデート名内容対策
パンダアップデート(Panda Update)低品質なWebページの検索順位が下がる検索に対する回答が充実したコンテンツを作る
ペンギンアップデート(Penguin Update)質の低い外部リンクを集めているWebページの順位が下がる定期的に外部リンクを確認し、低品質なものは削除する
モバイルフレンドリーアップデート(Mobile Friendly Update)モバイル端末で見やすいWebページの評価を高めるPCとモバイル端末それぞれに表示サイズを設定する(レスポンシブ対応)
スピードアップデート(Speed Update)読み込み速度が遅いWebページの評価が下がり、早い場合は評価の一部になる表示速度を遅くする画像や動画の量を減らす、またはサイズを圧縮する

ここまで見てきて、SEO対策の傾向は理解できたのではないでしょうか。

次は、SEO対策を取り入れるときに注意すべき点を、失敗事例から探っていきましょう。

コンテンツマーケティングとSEOを混同して考えたときに起こる失敗事例

集客手段として、SEOの観点は有効活用できます。

しかし、冒頭でも紹介したように、混同して捉えてしまうとマーケティング戦略が成り立ちません。

コンテンツマーケティングが失敗する3つの事例を確認し、何が問題点となるのか考えてみましょう。

  1. 集客目的でSEO対策用のコンテンツばかり作成する
  2. 集客から購入までの導線が不明瞭
  3. ニーズのないコンテンツを作る

それでは、順番に解説していきます。

事例1.集客目的でSEO対策用のコンテンツばかり作成する

顧客の興味を育成するためには、SEO対策以外にも、顧客が「見てよかった」「便利だ」と感じる情報発信が必要です。

もし、サイトが集客目的に偏れば、興味を引けず顧客は情報を得た時点で離脱するでしょう。

SEOの視点から離れると、顧客の興味を惹きつけるためにテキスト以外の情報媒体を活用する方法が思いつくはずです。

たとえば、顧客に対して料理の工程を説明するとき、テキストで伝えるよりも動画の方が簡潔に分かりやすく伝えられるでしょう。

つまり、SEO以外の視点を持って、訪れた人が便利に使えるサイトを作るのが大切です。

事例2.集客から購入までの導線が不明瞭

コンテンツマーケティングでは、顧客の興味や関心を刺激した後に、購入に導くステップが必要です。

SEO対策がうまくいき集客が増えたとしても、購入までの導線が設定されていなければ、利益には結びつきません。

購入まで導くためには、顧客が利用しやすいところに資料請求や申し込みボタンの設置などの仕掛けを用意する方法があります。

さらに、どのWebページのどの部分で購入されやすいか分析することで、顧客の購入までの導線が明瞭に分かるはずです。

導線を明瞭にするためには、見た目を整えることも戦略の1つとして考え、顧客が分かりやすく利用できるサイトを作成しましょう。

事例3.ニーズのない情報を発信する

企業のことを伝えようとするあまり、SEOの観点が抜け落ちることもあります。

SEOの観点がなくなったときに起こる失敗は、検索ニーズがない情報を発信することです。

たとえば、自社の商品を宣伝するために、商品名をキーワードにして記事を執筆したとします。

しかし、宣伝が必要な商品ですから、認知度も低いはずです。

認知度が低いと、そもそも顧客が検索という行動を取りません。

つまり、企業が発信する情報は、顧客のニーズに噛み合った部分がないと成り立たないのです。

ここまでが、よくある失敗事例でした。

失敗する例を確認すると、やってはいけないことが明確になったはずです。

次の章では、成功事例から取り入れられそうな施策はないか考えてみましょう。

成功事例からコンテンツマーケティング施策を考える

この章では、コンテンツマーケティングを取り入れて成功している実際の事例を確認してみましょう。

以下3つの事例を紹介します。

  1. サイボウズ式|売り上げにつなげないサイト作り
  2. 経営ハッカー|潜在顧客を幅広く獲得する設計
  3. YOURMYSTAR STYLE|SNSを積極的に利用

成功した事例では、どのように顧客に情報を届け、どのような結果が得られているのでしょうか。

サイボウズ式|売り上げにつなげないサイト作り

出典:サイボウズ式

サイボウズ式は、情報共有アプリを提供しているサイボウズ株式会社が運営するサイトです。

サイボウズ式は、知らない人に向けてまず企業を知ってもらうことに重点をおいていると考えられます。

実際にサイトで配信している内容を確認してみると、働き方や生き方に関するインタビュー記事が豊富で、企業の商品を積極的に紹介していません。

そのため、単純に読み物として楽しみながら利用し、長期的に企業と関わる仕組みが作られています。

経営ハッカー|潜在顧客を幅広く獲得する設計

出典:経営ハッカー

経営ハッカーは、会計ソフトを提供しているfreee株式会社が運営するサイトです。

サイト内の記事は、会社設立や経営戦略といった経営に関わる内容のものが多くあります。

ここから分かるのは、会計ソフトを利用する顧客を想定したとき、経理ではなく経営まで抽象化して潜在層を獲得していることです。

また、Webページ内には、製品を紹介するサイトへのリンクも設置されています。

つまり、幅広く集客した潜在顧客が製品に興味を持ったとき、すぐに購入まで結びつくような戦略になっているのです。

YOURMYSTAR STYLE|SNSを積極的に利用

出典:YOURMYSTAR STYLE

YOURMYSTAR STYLEは、ハウスクリーニングや革製品修理のプロと利用者をつなぐプラットフォームを提供しているユアマイスター株式会社が運営するサイトです。

サイトでは、ものの修理や掃除の方法を詳しく伝えています。

また、サイトと合わせてInstagramやTikTokの運営にも力を入れていることが特徴です。

2021年4月時点で、Instagramのフォロワーが約23万人、TikTokのフォロワーは約11万人と多くのファンを獲得しています。

修理や掃除の方法を伝える、いわゆるHowTO系の情報は、画像や動画で視覚的に伝えることが重要だと分かる事例です。

コンテンツマーケティングとSEOを結び付けて成功させるポイント

成功事例を見てきて、どんな戦略が成功しやすいかイメージが固まったのではないでしょうか。

ここから紹介するのは、より具体的にコンテンツマーケティングとSEOを結びつけて、戦略を成功させるためのポイントです。

以下3点でポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

  1. SEOに適切であるかを明確にする
  2. 市場を調査してニーズがあるのか調べる
  3. ペルソナを設定して有益な情報を届ける

それでは、順番に確認していきましょう。

SEOに適切であるかを明確にする

まずは、SEOで何をどのくらいの期間で達成したいかという点を明確にしましょう。

SEOは、検索ユーザーにアプローチすることはできますが、そもそも調べない人に対しては意味を持ちません。

また、SEO対策をして上位表示されるまでは、効果が出る場合で約3か月程度の時間がかかります。

逆に、効果が出ない場合は、新しい対策を講じるのでさらに時間がかかるでしょう。

SEOが向かない場合は、別の方法を考えなければいけません。

Web検索を利用しない人に対して短期間でアプローチする方法は、Web以外の広告出稿などがあります。

SEO対策をする目的が定まったら、次のステップに進みます。

市場を調査してニーズがあるのか調べる

市場調査は、漠然と「きっとこんな悩みを抱えた人がいるだろう」という設定を行ってはいけません。

なぜなら、顧客が現実的に抱える悩みがニーズとなるからです。

たとえば、この記事を読んでいるあなたは「コンテンツマーケティングでSEO対策はどうしたらいいのか分からない」という悩みを抱えていませんでしたか?

つまり、今読んでいる記事は、コンテンツマーケティングを知りたいというニーズがあるといえるでしょう。

逆に、ニーズがなければ、利用する人もいないので、作成するコストが無駄になってしまいます。

ニーズを把握してから作成することで、顧客の悩みを解決する有益な情報を発信できるはずです。

ペルソナを設定して有益な情報を届ける

SEOを行う目的を設定してニーズの調査もできたら、ペルソナを設定しましょう。

設定するペルソナは、以下の項目をできる限り詳細に絞り込んでください。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 年収
  • 趣味
  • 抱えている悩み

詳細に設定した1人のペルソナに向けて情報を発信すると、表現の仕方や共感ポイントを作り出せるでしょう。

逆に、万人受けするように様々なペルソナを設定すれば、解決すべき悩みが不明瞭になり結局誰にも響かないコンテンツとなってしまいます。

ペルソナとは?

ペルソナ(persona)とは、商品やサービス利用する架空の人物です。

元々は、ラテン語で仮面や舞台の登場人物といった意味を持ちます。

マーケティングにおけるペルソナは、仮面や登場人物という元の意味を発展させて、あたかも本当にいるような架空の人物のことです。

まとめ|SEOをうまく活用できればコンテンツマーケティング効果が高まる

コンテンツマーケティングは、サイトを設計して集客から購入、顧客のファン化まで視野に入れた戦略でした。

そして、SEO対策(コンテンツSEO)は、コンテンツマーケティング戦略の集客段階で利用できる1つの手段です。

SEO対策を行う際に知っておきたい、検索エンジンの傾向も確認しましたね。

傾向を踏まえて、実際の事例を見ると成功や失敗のイメージがしやすくなったはずです。

最後に紹介した、コンテンツマーケティングでSEOを活用するポイントもぜひ取り入れてみてください。

SEOをうまく活用して、効果的にコンテンツマーケティングを行いましょう。