WEBマーケティングに注目が集まり、WEBマーケターの需要が高まってきいるなかどの企業でもWEBマーケターは人材不足に陥っている状況です。

そのため、未経験の転職でもWEBマーケターは大変ですが転職できる時代に突入しました。

今回は、そんな人手が足りていないWEBマーケティングのキャリアについて解説します。

現在、 Webマーケターを始めている方やこれからの方はぜひ必見なので、最後までご覧下さい。

WEBマーケティングの仕事内容とは

WEBマーケティングとは、WEBを利用したマーケティングになります。

マーケティングとは、市場調査という意味合いがあるのでターゲット調査を行うことで、WEBを活用しながら売り込みなどの販売活動をしなくとも、自然に商品を購入してもらえる流れを作ることが出来ます。

こんな商品やサービスがあるやどこで売っているかという情報をターゲットに知ってもらわなければなりませんので、ターゲットの分析も怠らずにやる必要があります。

分析をなぜ行う必要があるのかというと、ターゲットの好みやライフスタイルが理解できていればターゲットに合わせた商品の提案を行うことが出来るからです。
他にも、この商品やサービスが欲しいと思ってもらう効果もあります。

仕事で実績やスキルを身に付けると副業でも稼げる

WEBマーケティングを会社員として行うことで、スキルが身につくだけではありません。

ターゲット顧客の集客実績も身につくので、副業を行う際にかなりやり易くなります

さらに、その実績を活かすと、未経験者が副業でWEBマーケティングを行うより単価も高い状態でスタートすることが出来るのです。

副業を行うことで、本業の給与以外に時給2000〜5000円の単価で収入を得ることが出来ます。

独立の道も開ける

さらにWEBマーケティングの業務に就くことにより、独立することも出来るのです。

独立をする前に、副業で一定額の流れを作ってからの独立をおすすめします。

そうすることで、独立した際の収入も安定して入ってくるのでおすすめです。

副業で WEBマーケティングを行う

WEBマーケティングを入社せずにフリーランスとして始めるのであれば、どうしても実績がありませんので、まず実績を積む必要があります。

実績を積むには、クラウドソーシングサービスで案件をこなす必要があります。

こうして何件も案件をこなす事で単価も上がってきますので、後々は自立を視野に入れてみても良いと思います。

WEBマーケティングの仕事の種類

WEBマーケティングの仕事の種類を解説します。

WEBマーケティングの仕事の種類①:広告マーケター

広告マーケターは、Google・Yahoo・Facebook・インスタ・ツイッターなどに出稿する広告を運用をする仕事です。

商品やサービスの認知度を上げてサイトや集客したり購入に導きます。

データ分析が得意な人に向けている仕事です。

広告マーケターは、商品やサービスの認知度を上げたり、サイトや集客したり、購入に導くために、下記のような業務内容に細分化されます。

広告マーケターの業務内容

どんな商品やサービスを
どのターゲットに向けて
どんな広告で
どの媒体に
どのように広告を配信し
ユーザーの反応を分析し
改善策を打つ

WEBマーケティングの仕事の種類②:SEOマーケター

SEOとは、検索エンジン最適化のことを意味します。

検索エンジン最適化とは、GoogleやYahooで検索した時に企業や商品・サービスのサイトが検索結果の上位に表示させてアクセス数を増やす技術です。

つまりWebサイトで集客して売上アップにつなげる仕事です。

Webサイトで上位表示させることができると、自動で定期的にお客さんがやってくる状態を作り出せることができるので、Webマーケティングの中でも重要な位置づけになります。

WEBマーケティングの仕事の種類③:SNSマーケター

SNSマーケターは、インスタやFacebook、TwitterなどのSNSの運用を行う仕事です。

SNSは、サイトからの集客と同等、商品やサービスとマッチすればサイトを超える集客力があります。

SNSそれぞれに特徴があり、商品やサービス、ブランドのコンセプトによってフィットするSNS、投稿内容も変わります。

そのあたりを見極めて、アカウントのコンセプトを設計したり、投稿する内容を企画しなければなりません。

SNSは、フォロワーとコミュニケーションすることができ、アカウントが育てば一つのメディアとして機能します。

ブランディングやファンを作るのに重要なメディアです。

また、アカウントの属性や投稿している内容、フォローしているアカウントの属性などから、商品やサービスにマッチしたアカウントに対してピンポイントで広告を配信することができるので、非常に費用対効果が高い広告運用ができます。

広告マーケターは、GoogleやYahoo、Facebook、インスタ、ツイッターなどに出稿する広告を運用をする仕事です。

データ分析が得意な人に向けている仕事です。

WEBマーケティングのキャリアパスはおすすめ

いかがでしたでしょうか。

やはりどんな仕事でも、出世したいですよね。

1番の出世は、自分で会社を持つことだと思うので、この機会に開業を視野に入れながら考えてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。