WEBマーケティングで本当に1000万円を稼げる?

年収1000万円の給与をもらうのは簡単ではありません。

給与とはその仕事に見合った対価ですのでそれが1000万円となると並大抵の仕事ではむずかしいです。

では1000万円を稼ぐのはどういう人が稼ぐのか解説します。

まず単純に、電通や博報堂などの大手広告代理店で勤務されている役員や外資企業で働くマネージャー以上の役職者がほとんどです。

当然このレベルまで到達するのは並大抵の努力では叶いません。

ではそれ以外の方で1000万稼がれているのはどういった方かというと、本業とは別に副業でもWEBマーケティングを行なっているマーケターです。

そのような方々は副業だけでも年間500万円以上稼がれている方もいらっしゃるほどです。

とはいえ本業と副業を掛け持ちするのは簡単な事ではありません。

今以上にプライベートの時間が削られてしまうので覚悟が必要です。

そのためマーケターとして1000万円を越える年収を稼ぐのは簡単ではありませんが努力すれば年収1000万円稼ぐことも出来ます。

WEBマーケティングってどんな仕事

WEBマーケティングとはWEBを利用したマーケティングになります。

マーケティングとは市場調査という意味合いがあるのでターゲット調査を行うことでWEBを活用しながら売り込みなどの販売活動をしなくとも自然に商品を購入してもらえる流れを作ることが出来ます。

こんな商品やサービスがあるやどこで売っているかという情報をターゲットに知ってもらわなければなりませんのでターゲットの分析も怠らずにやる必要があります。

分析もなぜ行う必要があるのかというとターゲットの好みやライフスタイルが理解できていればターゲットに合わせた商品の提案を行うことが出来る他にもこの商品やサービスが欲しいと思ってもらうためです。

専門的スキルが仕事で学べる

WEBマーケティングでは商品のキャンペーン情報をSNSで発信したりサービスの特徴などを検索連動広告で認知させる業務など行います。

またWebマーケティングスキルではWeb上で集客効果を高めるためにさまざまなツールを扱ったりします。

こうする事でターゲットの分析などの分析能力が身につくのでWEBマーケティング以外でも活用される場が多いです。

例えば仕事外のプライベートなどで誰かのプレゼント選びなどでも活用されます。

SEO(Search Engine Optimization)

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称になりGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成を行なったり調整をすることです。

上位表示させるには自社サイトのテーマにあったコンテンツを掲載します。

検索ワードをたくさん入れることだけに固執せずにユーザーに役立つ情報などを織り交ぜてユーザーの目を惹く内容にします。

見たいページをすぐに検索したり出来る様にするために利便性の高いサイトにすることでストレスフリーになりユーザーのアクセス数を増やすことが出来ます。

次に紹介するのが広告になります。

リスティング広告

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

広告を出す場合には担当者は以下の運用を行います。 

ゴール設定

CV数(コンバージョン数)と呼ばれる広告にアクセスして商品を購入したりお問い合わせや資料請求などの広告主のメリットになった数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

この部分の設定をしっかりと行うことで売上や集客率を上げるための道筋を立てられるので成果を出すことが出来ます。

ではどのように設定するのかというとCV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

運用方針の立案

次に上記でお伝えしたゴール設定をしたらゴールまでのプロセスを設定します。

そのためにまずターゲット設定を行いその後に広告のアクセスページから購入までのルートを考えます。

そうしましたら効果を確認するために重要業績評価指標(KPI)を設定します。

そして運用方針の立案を行うのです。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行に移します。

その後に施策の成果の確認を行うのですが実はSEO対策ではコストはほとんどかかりません。

ですが広告の場合のコストは高額なのでマーケティング担当者は費用面も考えながらよい広告の出しかたを考える必要があります。

アクセス解析

WEBサイトのアクセス解析を行います。

アクセス解析の内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行い入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行います。

また離脱しやすいページの状況を見ながらデザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

こうすることによりターゲットユーザーの動向を解析することで不要な商品やサービスの選定も同時にできます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

仕事で実績やスキルを身に付けると副業でも稼げる

さらに WEBマーケティングを会社員として行うことでスキルが身につくだけではありません。

なんと実績も身につくので副業を行う際にかなりやり易くなります。

さらに実績をがあるので未経験者が副業でWEBマーケティングを行うより単価も高い状態でスタートすることが出来るのです。

副業を行うことで本業の給与以外に時給2000〜5000円の単価で収入を得ることが出来ます。

独立の道も開ける

さらにWEBマーケティングの業務に就くことにより独立することも出来るのです。

独立をする前に副業で一定額の流れを作ってからの独立をおすすめします。

そうすることで独立した際の収入も安定して入ってくるのでおすすめです。

副業で WEBマーケティングを行う

WEBマーケティングを入社せずにフリーランスとして始めるのであればどうしても実績がありませんのでまず実績を積む必要があります。

まず実績を積むにはクラウドソーシングサービスで案件をこなす必要があります。

こうして何件も案件をこなす事で単価も上がってきますので後々は自立を視野に入れてみても良いと思います。

WEBマーケティングで1000万円を稼げる人の特徴

特徴としてはまず勉強熱心な方これに限ります。

その理由としてはWEBマーケティングは情報の入れ替わりが激しいので常に最新の情報を探して勉強する必要があります。

これを怠ると当然スキルアップどころか退化していき仕事への意欲も無くなってしまうので年収1000万円を狙うのが難しくなってしまうのです。

ですので勉強を惜しまずに行う方が特徴の1つです。

他にも向上心の高い方も年収1000万円稼ぐ方の特徴です。

なぜなら稼ぐためには現状に満足せずに未来を見据えながら行動出来るからです。

これが出来ないと目標までどうすればいいのか考えることをしないので一向に成長せず現場に満足してしまうからです。

以上が1000万円を稼ぐ方の特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1000万円を稼ぐことが出来れば欲しいものは大抵なんでも買えてしまいます。

ですがその代償としてプライベートの時間もかなり削られてしまいます。

そのため仕事が好きな方やお金を稼ぐことが好きな方はそこまで苦労せずに稼ぐことが出来ると思います。

それでは最後までご覧頂き有難う御座いました。