皆さんアフィリエイトと聞くとどんなイメージを持たれていますか?

詐欺とかネズミ講などの悪いイメージを持たれてる方が多いと思いますが、アフィリエイトは悪い広告ではありません。

今回はアフィリエイトの仕組みや手軽に出来るアフィリエイトなどを解説しますので最後までご覧下さい。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイト広告の仕組みについて解説します。

アフィリエイト広告について理解するために、まずは、以下の3つのポジションを頭に入れてください。

アフィリエイト広告における3ポジション

・アフィリエイター
・広告主
・ASP

アフィリエイト広告におけるポジション①:アフィリエイター

媒体主であるアフィリエイターとは、自分のWebサイトやブログにおすすめ商品・サービス」の広告を掲載する人です。

掲載を行った広告がおすすめ商品・サービスが売れた場合おすすめ商品・サービスを提供している企業から売上の一部を報酬として受領します。

アフィリエイト広告におけるポジション②:広告主

広告主とは、自社の商品やサービスを売りたい企業のこと。

売上を増やすために、自社商品やサービスをアフィリエイターに紹介してもらいます。

そして、アフィリエイター経由で売上が発生した場合、売上の一部を後述するASPへ支払います。

アフィリエイト広告におけるポジション③:ASP

ASP(Affiliate Service Provider)とは、アフィリエイターと広告主をつなげる仲介役のことです。

ASPが存在しなくてもアフィリエイト自体は成立しますが、広告主は一人ひとりのアフィリエイターと個別に契約しなければならず管理も大変です。

アフィリエイターも広告主である企業と一社一社と交渉し契約を結ばなければならないのでアフィリエイトのハードルが上がってしまうでしょう。

WEBマーケティングを使いアフィリエイトで稼ぐには?

WEBマーケティングを使いアフィリエイトで稼ぐにはブログ記事がおすすめです。

ブログ記事でも個人用のブログ記事ではなく、SEOブログになります。

このSEOブログの記事を作成などを定期的に行うことで、アフィリエイトでの広告収入が増える流れが自然と出来てきます。

またSEOブログを作成させる上でキーワードとペルソナ設定も重要になってきます。

上記の2点をしっかりと行わないとSEOブログを書いたところで上位検索される事がなくなりますので、しっかりと設定しましょう。

アフィリエイトでWEBマーケティングスキルを身につけられる

WEBマーケティングでアフィリエイトを行うと、実は勉強にもなるので一石二鳥です。

お金が稼げてWEBマーケティングも覚えられるなんて夢のような話じゃないですか。

では、なぜWEBマーケティングの勉強にもなるのか?

まず、前述した通りSEOブログを作る際にリサーチを行う必要が出てきます。

リサーチとは、WEB上の情報調査を行い、設定しているターゲット層の行動を調べることです。

例えば、そのターゲット層がそのサイトに訪れる際に、どんなキーワードで検索してきたのか、そして彼らのサイト内での動向について調べます。

そういった情報を基に、集客率をアップさせてさらに自然と商品が売れる流れを作ります。

初心者でもアフィリエイトで稼げる

そうなんです。

初心者でもアフィリエイトは出来るんです。

そこへWEBマーケティングを入れることにより、さらに収益を上げることも出来るので、夢があると思いませんか?

初心者でまず必要なのは、諦めずに頑張って学ぶ事です。

それがしっかりと出来ればきっとうまくいきますので頑張ってください!

今後もアフィリエイト広告は需要がある

今後も、アフィリエイト広告の需要はあるでしょう。

その理由としては、アフィリエイト広告は単純で宣伝活動や販促活動の機会ですので、そんな仕組みを企業側が取り入れない理由がありません。

まだまだ成長するフィールドですので、ぜひWEBマーケティングを活用して、諦めずにアフィリエイト広告にトライしてみてはいかがでしょうか。

初心者こそ、アフィリエイトで稼ごう

いかがでしたでしょうか。

アフィリエイト広告で収入を得ながら、WEBマーケティングも覚える事ができるなんて夢のような話ですよね。

さらにWEBマーケティングが上達するにつれて、アフィリエイト広告でのアクセス数も伸びるので、やりがいもあります。

ぜひ、トライしてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。