発達障害を抱えていても、働くことは可能です。

私の場合は、発達障害(ADHD・ASD)の診断を受けながら一般就労で日々奮闘中です。

しかし、障害を抱えている当事者でなければ、大変さはなかなか分からないもの。

そのような大変さを、今回みなさまにお伝えできればと思い、記事にさせていただきました。

お付き合いいただければ、幸いです。

発達障害を抱えて働くことの大変さ2選

発達障害を抱えて働くと、大変だと感じることが多くあります。

その中でも、大変だったことを、2つに分けて分類をしてみました。

【1】仕事で当たり前のことができない

仕事をしていて感じたのですが、当たり前のことができなかったのです。

必要最低限の「報告・連絡・相談」がまともにできなかった為、度々上司から「どうしてお前は当たり前のことができないんだ!」と、何度も叱責を受けるはめに。

周りの同僚からは「あいつちょっと変わっているよね」と陰で言われることがあり、次第に自分の居場所がなくなっていくのを感じました。

次第に無視をされることも出てきて、必要な情報が共有されず、自分だけが取り残されている状態に陥っているのを感じました。

家に帰れば、「どうして、当たり前のことができないんだろう」と考えて、1人で泣く日々。

結局解決できたのは、自分自身が発達障害であると診断された時からでした。

職場に「できない」理由を伝えて、コミュニケーションによる「報告・連絡・相談」ではなく、紙ベースでのやり取りに切り替えることで、対処がしやすくなりました。

当たり前のことを、当たり前のようにできないと感じるからこそ、働くうえでの1つの大変さを感じるのです

【2】すぐに気が散る

実は、こうして文章を書いているときも、すぐに気が散ります。

ドラえもんの中の、のび太君みたいなイメージ。

1つの事に集中することが、とても苦手なのです。

頭の中は常にモヤがかかったイメージで、スマートフォンを40分以上眺めて、また文章を書いての繰り返しです。

会社で仕事をしているときも、集中することが苦手なので、話が上の空になったりします。

その度に注意を受けるのですが、やはり何回も上の空になることの繰り返しです。

この部分に関しては、ストラテラというお薬を飲みながら対処をしている最中です。

しかし、お薬を飲んでも注意力は10分と続かないのが致命傷。

頭の中のモヤがどうにかなればいいのですが、どうにもなりません。

これが原因で会社をクビになったことがあるので、今は主治医に相談している最中です。

これら2つが、私が働いていて大変だと感じた部分です。

他にも沢山ありますが、要約が難しかったのと、文章がまとまらなかったので、割愛させていただきました。

一般就労か障害者雇用か、とても悩みました

一般就労で働き続けていいのか、障害者雇用にシフトチェンジした方がいいのか、非常に悩みました。

障害者雇用の方が、ある意味割り切れる部分もありますし、周囲の配慮という部分では、働きやすさがあったのかもしれません。

しかし、一番引っかかったのは給与面での問題でした。

障害者雇用の場合だと、一般就労よりも20%近く給料が減ってしまうと考えると、なかなかシフトチェンジする勇気がもてませんでした。

1人暮らしをしていることもあり、毎月の維持費をキープするには、どう頑張っても一般就労で粘り続けるしかありませんでした。

どちらの働き方も非常に迷いましたが、もう少しだけ一般就労で頑張ってみたい気持ちが勝りました。

悩みまくって、出した結論。

また迷う時が来るかと思いますが、その時は医師や障害の分野の支援員さんも交えて考えていきます。

メッセージ「1人の人間として」

ここまで、障害という言葉を多用していますが、私も1人の人間です。

嬉しいことがあれば嬉しいし、悲しいと感じれば悲しい。

喜怒哀楽はしっかりあるんです。

だからこそ、職場で嫌なことがあれば、とても辛い気持ちになります。

特別な生き物ではないし、休みの日は普通に街中を歩くことだってあります。

ただ、「できる・できない」の差が激しいから、障害として認定されてしまっている部分が大きいと感じるのです。

どこにでもいる同じ人間。差別や偏見は持たずに接してほしいのです。

まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

発達障害を抱えながら働くことは、苦労や大変なことがあることをお伝えさせていただきました。

当事者が、どのような大変さを抱えながら働いているのかを、知って頂けるとありがたいです。

是非、1つの参考になれれば、幸いです。

speaker:はまー様(弊社パートナー)
editor:株式会社アウロンパートナーズ