おすすめの資格を解説

インターネットが普及して、WEBマーケティングに詳しい人材を欲しがる企業も増えてきています。

今回は、WEBマーケティングの資格について解説していこうと思います。

そもそもWEBマーケティングに資格は必要だと思いますか?

実は、WEBマーケティングをビジネスに生かすのであれば必要なんです。

なぜなら資格を持っていることで、スキルアップにつながるため、WEBマーケティングを担当している方や企業される方には必要といえます。

他にも転職を考えてる方や未経験の方も資格を持っていることで、採用されやすくなったりとメリットが多いです。

では、WEBマーケティングの資格についてこれから解説しますので、WEBマーケティングに興味のある方やスキルアップを希望の方々は必見ですので最後までご覧ください。

おすすめの資格

WEBマーケティングの資格は多岐にわたってありますので、何を取得すればいいのか見当もつかないですよね。

マーケティングに関する知識を高める資格なのか、広告やSEO・SEMの知識を高める資格なのか。はたまた解析や統計の知識を高める資格なのか、種類があって迷いますよね。

今回はそんな数ある資格の中から、基礎知識が学べる資格色々な業界でも使える資格総合的なスキルアップが出来る資格をピックアップして、下記におすすめのWEBマーケティングの資格をまとめました。

これからおすすめする資格は持っていても損をしないのでおすすめです。

それではご覧下さい。

  1. マーケティング・ビジネス実務検定
  2. IMA(Internet Marketing Analyst)検定
  3. Web検定 Webリテラシー
  4. 統計検定
  5. Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  6. ウェブ解析士
  7. Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験
  8. ウェブディレクター試験
  9. Google広告認定資格

になります。

それでは順番に解説します。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定は、ビジネスにおける全般的な知識が求められます。

特定のジャンルにとらわれない幅広い共通のマーケティング知識を学ぶことができるので、未経験者やWEBを担当されている方にオススメです。

マーケティング・ビジネス実務検定では、A.B.Cの3段階でレベル分けされているので初心者の方はCのレベルから取得することをおすすめします。す

IMA(Internet Marketing Analyst)検定

IMA(Internet Marketing Analyst)検定をおすすめしたのは、ビジネスとしての能力を早く身につける事が出来るからです。

そのため試験内容は、実践をするうえでの技術のテストになります。

さらに試験と講座がセットになっています。

どちらもオンラインでの試験になるので、コロナウイルスが蔓延している中、オンラインで試験を受ける事が出来るのはかなり嬉しいポイントです。

またIMA(Internet Marketing Analyst)検定でらStandardコースとProfessionalコースの2 つ選べます。

Web検定 Webリテラシー

Web検定 WebリテラシーはWEBに関係する人が対象となる資格になります。

他社との認識のずれを少なくさせることを目的として、業務上でしっかりと知識を備えているのかを確認するための資格試験です。

これからWEB業界の仕事を始めようとされている方や、WEBを担当されている方には特におすすめの資格になっています。

統計検定

統計検定は名前の如く、統計についての基礎知識や応用などを目的とした検定になります。

この資格はWEBマーケティング以外でも、データサイエンスとしても役立ちます。

行われる試験内容としては、データ分析などの基礎や確率の活用などの応用出来るかを階級に分けてテストを行います。

その他に活用力の試験では、公的統計の活用や調査データの活用さらにデータ解析などデータサイエンスに関するテストも行います。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格とは、Googleが提供しているアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスの熟練度を認定するための試験になります。

Googleアナリティクスはマーケティングを行う際に一般的に活用されているツールなので、こちらの認定資格を保有していると面接などの際にかなりの強みになります。

また初心者の方でGoogleアナリティクスの知識と実用的な活用方法を身に着けたい方にもおすすめです。

ウェブ解析士

ウェブ解析士とは、成果につながる解析に関する知識やスキルがあるのかを証明する資格になります。

WEB解析士は3段階でレベル分けされており、ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスターの順にわかれています。

注意点としては、上級ウェブ解析士を取得する際にはウェブ解析士を取得しておく必要があるのでご注意下さい。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験は、Yahoo!プロモーション広告の知識やスキルをスコア化することが出来る資格になります。

この資格の対象者は、スポンサードサーチ・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の運用・コンサルティング・販売等に関わる方達です。

またYahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験は、ベーシック・アドバンスの2種類に分類されています。

ベーシックは基礎知識に関する内容で、アドバンスは高度な知識と運用スキルの試験になります。

注意点として、はじめて受験する場合はプロメトリックIDを取得する必要があります。

ウェブディレクター試験

ウェブディレクター試験とは、Webマーケティングを行う上での論理的思考力・スキル・Webディレクションスキルの習熟を目的とした試験になります。

さらにウェブディレクター試験では、リーダーとしてメンバーをまとめたりプロジェクトを進めたい方やキャリアアップを目指す方におすすめです。

Google広告認定資格

Google広告認定資格とは、広告メニューであるAdwords(アドワーズ)の認知度の認定資格です。

Googleを活用して広告を運用する方に役立つので、Webマーケティングの実務スキルを身につけたい方におすすめです。

またインターネットで受験を受けることが出来る他に、料金に関しても無料なので試しに取得してみるのもいいでしょう。

おすすめの勉強方法

取得する資格の参考書で勉強をする以外に、オンライン動画での学習サービスを活用されている方が増えております。

それではおすすめのサービスをいくつかご紹介いたします。

Google Digital Workshop (デジタルワークショップ)

こちらはGoogleが無料提供するオンライントレーニングサービスです。

デジタルマーケティングの基礎知識などを学べるので未経験の方向けになっています。

Google スキルショップ

こちらは上記でお伝えした学習サービスの上級者向けとなっていますので、Google Digital Workshop (デジタルワークショップ)で覚えてきたらGoogleスキルショップを利用するのがいいでしょう。

Schoo WEBマーケター入門

Schooとは4,600授業以上の動画教材でWEBマーケティングの知識・スキル・考え方を学べるサービスです。

最新のマーケティング技術も学べるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 WEBマーケティングは資格がなくても出来ますがビジネスを行う上では信用などを得るために必須といえるのでこれからWEBマーケティングを始めようとされている方や現在、WEBマーケティングの業務を行っている方はおすすめです。

ぜひこの機会に取得してみてはいかがでしょうか?