近年、パソコンもしくはスマートフォンが普及したことにより、多くの人にとってインターネットが身近な時代に突入しました。

そんな中、さまざまな企業から注目を集めているのが、WEB広告になります。

パソコンやスマートフォンが普及したことで、WEB広告での集客率や売上げが増加し、広告戦略を取り入れたい企業の需要も高くなっています。

それに伴い、WEB広告が注目を集めたことで、WEB広告の中心とも言えるWEBマーケティングを志望する方も増えてきました

今回は、初心者がおさえるべきWEBマーケティングの基礎知識と求められる能力について、解説していきます。

WEBマーケティングの初心者の方必見の内容となっています。

ぜひ、最後までご覧ください。

WEBマーケティングの仕事とは

Webマーケティングとは、 WEBサイトなどの集客や商品情報を発信などを行います

自社のホームページやブログに集客するためにも、ユーザーが興味を持つようなコンテンツ作りを行います。

そういったコンテンツの作成には、しっかりとしたプロセスを踏んだ立案が必要です。

他にも、「サイトにはどのような検索ワードで訪れているか」や「どのページが一番見られているのか」といった分析も行います。

こうする事で、集客率のアップにつながるのです。

WEBマーケティング仕事内容

WEBマーケティングの仕事内容について、具体的に解説していきます。

作業内容としては下記の通りとなります。

WEBマーケティングの仕事内容

・集客
・分析

それでは1つずつ解説します。

WEBマーケティングの仕事内容①:集客

WEBマーケティングの目的は集客にあります。

集客が出来なければWEBマーケティングの意味がまずありません。

WEBマーケティングの集客方法①:SEO

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称になります。

SEOとは、検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成・調整をすることです。

上位表示させるには、自社サイトのテーマにあったコンテンツ掲載する必要があります。

SEO対策として、検索ワードを常に意識したユーザーの生活に役立つ知識など、ユーザーの得になるような情報を織り交ぜます。

その他にも、見たいページをすぐに検索出来る様にすることで、ユーザーアクセス数の獲得を目指します。

WEBマーケティングの集客方法②:WEB広告

次に紹介するのが、WEB広告になります。

WEB広告とは、主にリスティング広告を指し、Googleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

続いて、リスティング広告の実際の実施手順にてついて、解説します。

WEBマーケティングによる広告手順①:ゴール設定

CV数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

CVとは、Conversionの略で、Webマーケティングの運用目的に応じて異なりますが、Webマーケティングに費やした費用が、Webサイトなどの訪問数増加などの最終目的である成果にどれほど転換したかを示します。

例えば、CV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

WEBマーケティングによる広告手順②:運用方針の立案

上記で説明したゴールの設定をしたら、ゴールまでの運用方針を設定します。

そのためには、ターゲット設定をしたり、広告のアクセスページから購入までのルートを考え効果を確認する指標(KPI)、を設定する必要があります。

WEBマーケティングによる広告手順③:運用方針に応じた施策

上述の方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行します。

実行後は、必ず施策の成果の確認を行います。

またSEO対策にはコストはほとんどかかりませんが、広告の場合のコストは高額になります。

ですので、マーケティング担当者は費用面も考えながら、よい広告方法考える必要があります。

WEBマーケティングの仕事内容②:分析

WEBサイトの解析を行います。

解析する内容としては、ユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合などです。

マーケティング担当者は以下のような手順で、ユーザーの行動分析を行います。

WEBマーケティングのWEB分析手順①:アクセス解析

入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行います。

離脱しやすいページの状況を見ながら、デザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

WEBマーケティングのWEB分析手順②:改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善など、立案した改善案を実施します。

WEBマーケティングのWEB分析手順③:改善案実施後の確認

改善安の実施後にどのように向上したかを確認します。

例えば、「Webサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのか」や「ユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのか」といったポイントの確認を行います。

WEBマーケティングで基礎知識をつける方法

初心者が、WEBマーケティングの基礎知識を身につける方法については、以下のようなツールを活用することがおすすめです。

WEBマーケティング基礎知識を身につけるためのツール

①参考書などの本
②YouTubeなどで公開されている教育動画

それでは順番に解説します。

WEBマーケティング基礎知識を身につけるためのツール活用①:参考書などの本

勉強法として皆さんの頭に浮かぶのは、参考書などの本を活用した勉強ではないでしょうか。

当然この本での勉強を行なっている方は、たくさんいます。

最近では漫画での参考書や技術的な情報も入った参考書も数多く出版されています。

その中から厳選した、初心者におすすめの参考書をご紹介します。

WEBマーケティング基礎知識を身につけるためのおすすめ参考書:いちばんやさしい新しいSEOの教本

こちらは、「いちばんやさしい」シリーズから出ているSEOの教科書になります。

SEOについての基礎部分から上級者向けのSEO対策まで幅広く解説されているので、SEO対策でお探しであればおすすめの一冊です。

Webマーケティングをより深く理解し、ビジネスにおいて使いこなせるようするには、マーケティングの普遍的な理論を学ぶことも重要です。

初心者でも読みやすい内容となっていますので、ぜひ手に取ってみてください。

WEBマーケティング基礎知識を身につけるためのツール活用②:YouTubeなどで公開されている教育動画  

YouTubeなどで公開されています教育動画で、学習することが可能です。

さらにYouTubeでは、現場で使えるWEBマーケティング技術の紹介もあったりもするので、観る価値はかなりあると言えるでしょう。

WEBマーケティングではロジカル思考が必須スキル

実は、WEBマーケティングで必須と言ってもいいのが、論理的に考えロジカル思考の方になります。

論理的に仮説を立てたりすることが仕事でもあるので、この部分が欠如しているとWEBマーケティングの仕事は難しいとは思います。

その他にも、コツコツと時間のかかる作業に苦を感じない忍耐力も必要と言えるでしょう

忍耐力はリサーチなどで必要となりますが、現在ではAIがリサーチの補助を行うツールもあるので、コツコツと作業するのが苦手な方は、ツールの利用をおすすめします。

WEBマーケティング初心者は、まずトライしてみては?

いかがでしたでしょうか。

初心者だと、どうしても右も左もわからないですよね。

この記事が道標になって、成功する人が1人でも多く増えてくれることを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。