今回は、これらかSNSを用いたマーケティングを始めたいけど、どこから手をつければいいかわからないという方に向けて、SNSマーケティングの目的と、オススメの勉強法をご紹介します。

SNSマーケティングの目的

 突然ですが、日本国内でどれくらいの人数がSNSを利用しているかご存知ですか?

その数なんと7,975万人もいるのです。この数は、実に国内の半数以上の人がSNSを利用しているということになります。

 この数字を見てわかると思いますが、SNSを通してビジネスをすることが、時代の波に乗るということになります。事実、多くの企業がSNSマーケティングを活用しています。

 つまり、この大人数の中から、自社ブランド・自社サービスにあったターゲットを見つけて宣伝しまくることこそ、SNSマーケティングの目的なのです。

SNSマーケティングのオススメ勉強法4選

 結論から言いますと、SNSマーケティングの勉強の仕方は大きく分けて4つあります。

1.籍で勉強する
2.自分で運用して勉強する
3.スクールで勉強する
4.実務を通して勉強する

 一つ一つ細かく解説していきながら、実際のオススメのサービスも併せてご紹介していきます。

書籍で勉強する

 おそらく、ごく一般的で何方でも始められるのが、書籍を手に取ってみることでしょう。近代的な分野ではありますが、SNSマーケティングについて書かれた書籍は結構あります。何を読めばいいか正直迷ってしまう気持ちはよくわかります。

 全く経験ないし知識がない方は、用語集のような極めてシンプルなものから読むようにしましょう。いきなり実践書を読んでは、何が書かれているかわからず、読むのをやめてこの分野から離れていく人が何人もいます。ですので、まずは焦らずにシンプルな書籍から勉強をしてみてください。

 オススメの書籍を書いてしまうと一記事が完成してしまうので、3冊ほどご紹介します。

おすすめの書籍3選

・SNSマーケティングの優しい教科書 Facebook・Twitter・Instagram-つながりでビジネスを加速する最新技術(エムディーエヌコーポレーション)

・デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』 「つながり」と「共感」で利益を生み出す新しいルール(翔泳社) 

・結果が出る「SNSマーケティング」てっぱん法則(扶桑社)

自分で運用して勉強する

 極論ですが、この勉強法が一番早く確実にSNSマーケティングを習得できる方法です。結局、マーケティングはアウトプットで成り立っていると言っても過言ではないほど、実践することが大切です。

 とは言っても「どうやって実践すればいいんだよ!」と思う方が多いので、2つ例をあげてみます。

趣味用で運用してみる

 一度考えてみて欲しいのですが、あなたのSNSアカウントに1万人以上のフォロワーがいて、投稿をするたびに多くの「いいね」がついたり、ファンからメッセージがくるようになるとしたら、とてもワクワクした気分になりませんか?

 この、アカウントをバズらせる(認知度を高める)ことこそSNSマーケティングにおいて重要なことになります。

 いきなり、副業で自分の商材を作ってそれを売ってください、といった鬼のようなことは言いません。まずは、アカウントを広めるという目的を持って、あなたが趣味でやっている好きなことを題材に着実にアカウントを成長させてみてください。

 ここで、躓いたり、わからないことが出てきたら、SNSマーケティングについて書かれた「実践書」を手に取ってみると、より効果があります。

会社の広報用として運用してみる

 あなたが今勤めている会社、あるいは経営している会社の宣伝としてアカウントを運用してみるという方法もあります。

 趣味として運用することとは趣旨が異なってきますが、ビジネスとしてSNSを利用するわけですから、よりマーケティングの活用が必要になってきます。

 いきなりこのステップに立ってしまうと、大きな壁にぶつかりかねないので、先ほどご紹介した趣味アカウントの運用から始めてみる方がいいと思います。

スクールで勉強する

 スクールに通って講師のもとで勉強するという方法があります。最近だと、オンライン講義や、マーケティング経験を積んでいる人が、自らSNS上でコンテンツを配信していることがあるので、誰でも簡単に勉強できるようになりました。

 ただし、スクールとなると、有料かつ高めなところが多かったりするので、確実性の高い情報を得たい方は受講してみる方がいいと思います。以下に、オススメのスクールをいくつかご紹介しておきます。

Auto Pilot Academy(オートパイロットアカデミー) 

  SNSマーケティングをメインに扱っており、基礎から応用まで細かく学ぶことができます。

BEYOND(ビヨンド) 

  SNSマーケティングのスペシャリストの育成講座があります。具体的にどうすればブランディングできるかといった実践編をメインに扱っています。

ウルクスWebマーケタープログラム

  Webマーケティングのスクールですが、SNSマーケティングも教えています。入会金がなく、比較的安価に学べます。

実務を通して勉強する

 最後にご紹介するのは、実際にSNSマーケティングを仕事にしているところで働いてみるということです。要するに、会社の広報部に所属するとか、広告業界で働くといったことです。

 かなりめちゃくちゃなことを言っているようですが、すでに経験が豊富な人のもとで仕事をしながら学び、お金も稼ぐことができるので、大変ではありますが良い選択肢の一つだと思います。

 実際に転職するとなっては、リスクを伴うと考えている方もいるかもしれませんが、大丈夫です。Webマーケティング業界は人手が不足している状況で、未経験でも採用している会社はあります。

 転職をした後でも、自分の時間を犠牲にして必死に勉強した後に独立する、という覚悟で行動できる人であれば、間違いなく一番効率がいいやり方です。実務を積む上での仕事探しの軽いノウハウを2つご紹介します。

派遣も含めて幅広く探す

 WebマーケティングないしSNSマーケティングのスキルによって、身をおいた方がいい場所は多少変わってきます。全くもって始めての方は基礎的なスキルを固められる会社、特にWeb広告代理店などに入ってみることをオススメします。

 未経験の1番の障壁「実務を知らないこと」なので、この壁を越えれば、その後の転職先を広げることは可能です。

フリーランスorキャリアアップ転職を狙う

 実務経験を積み重ねることができたら、独立or転職という選択肢が見えてきます。最近では、フリーランスで活動したのちに、自分でWeb広告会社を起業するという人も見かけるようになしました。また、優秀なSNSマーケッターであれば、かなり需要の高い人材ですので、大手IT企業への転職も可能です。  

 フリーランスでやる方はLancersやCrowd worksといった、クラウドソーシングサービスを使うと良いでしょう。また、転職を考えている方はdodaといった最大手サービスから、マイナビクリエーターなどの広告業界に強いエージェントを活用するのもありです。

 あなたが将来どうなりたいかに合わせて選択してみるのが良いでしょう。

まとめ

 ここまで、SNSマーケティングの目的と勉強法をご紹介しました。勉強法にしてみては、一つではなく、様々な方法があります。むしろ、いくつかの方法を同時に並行するのが一番いいでしょう。

 ですが、人によって目的も違えば、使用するSNSも異なってきます。

 大事なことは、SNSマーケティングを活用する目的をしっかり把握した上で、あなたに合った勉強法を見つけることです。