皆さんWEBマーケティングでSEOは最重要なポイントになります。

SEOにどんな重要なポイントがあるのかなどを詳しく解説しますので最後までご覧下さい。

本記事のアップグレード動画

WebマーケティングでSEOが重要!?その理由などを徹底解説

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略称です。

これを日本語にすると検索エンジン最適化です。

よく使われている検索エンジンはGoogleですよね。

Googleなどの検索エンジンに「ユーザーの役に立つページ」と思ってもらえるようにWEBサイトを便利にすることも仕事の1つです。

目標の日にちをきてに検索エンジンからサイトへ集客するのがSEOです。

それではSEO仕事の流れは下記の通りです。

まずはじめにキーワード選定をするために分析を行います。

キーワード選定を行いターゲット層が検索するキーワードは何なのかを洗い出す必要があります。

またそのキーワードには検索数がいくつあるのか、そしてSEOの醍醐味として上位表示はされたのかのか?

などといったことを調査して選定を決めます。

SEO対策の重要性について

まずSEO対策が重要とされる最大の理由はどの企業も継続できる集客システムが必要だからです。

特に継続が大きなポイントになります。

企業が集客するための方法としてあるのはSEOだけではありません。

例えば自社のWebサイトへのアクセス数を増やすためにもリスティング広告やSNSへの広告などの Web広告によってアクセスを増やすことも可能です。

潜在的なニーズを持った将来の顧客として見込み客を集めるという視点で見ることでセミナーやイベントなどのオフラインの活動もその選択肢の一つです。

ですがこれらのSEO以外の大半の集客方法に共通するポイントが一時的な集客方法であるということです。

例えばテレビCMやWeb広告による集客を実施した際にその広告の期間が終わると集客効果も徐々にではありますが下がります。

またセミナーやイベントなどの開催にしましても同様です。

長期的に安定的な集客が望まれる中で、SEO以外の集客方法については効果的な継続性は望めないことが大半です。

ですがSEO対策の場合は一時的な効果で終わることはほとんどありません

期間としては数ヶ月から長くて数年継続することがあります。

検索ユーザーに求められるコンテンツを作成することで検索エンジンで上位検索されることができれば継続的な集客を期待することができます。

しかも広告やイベントであれば毎回コストが発生しますが一回でも上位検索される状況を創り出すことができれば他の集客方法と比べて圧倒的に少ないコストで継続的な集客システムを創り出すことができます。

またコストパフォーマンスでみてもSEO対策が集客にとって重要なことが分かります。

SEO対策とKPI設定

SEO対策を行うに当たってKPI(Key Performance Indicator)という日本では「重要業績評価指標」を設定してPDCAサイクルを回すことが必要です。

これは何のためにSEO対策をするのかが不明確だと対策や改善を決める余地がありません。

例えばオーガニック検索数を増やすあるいは閲覧時間を重視するのかでSEO対策の内容が変わります。

オーガニック検索数を増やすことに焦点を置いた場合は自社の目的から脱線しない程度で注目を集めるためにバズ関連を狙った記事が必要になります。

他にもユーモアのある記事や小ネタ集などなど情報の質より検索量を意識した一定以上を持つコンテンツやキーワードを狙うことが求められます。

一方でオーガニック検索数が増えても自社商品に興味のない読者ばかりなら意味がないので集める際の記事の内容も自社商品と近い内容で投稿するのがベターです。

他にもオーガニック検索数よりも閲覧時間や閲覧ページ数に重点を置いたSEO対策を進めることでも対策の一つになります。

また記事の品質・文字数・内部リンクの見直しなどを行うことで記事に興味を持ってWebサイトにアクセスしてくれた人がしっかりと複数の記事を読んでくれるコンテンツ設計が必要になるのです。

まず戦略を練って何かしらの対策を講じることでその結果の成果を必ずチェックして次回の改善案について検証を行います。

Google Analyticsのような使い勝手の良い無料ツールも現在は多くの企業が活用しているのでPV数や閲覧時間・訪問者の属性や訪問時間帯などの豊富なデータの検証を行いSEO対策を講じます。

なので設定したKPIの指標にチェック行い現状を分析して次の施策・改善案に活かします。

SEO対策を行う時のポイント

SEO対策には大きく分けて「内部対策」と「外部対策」があります。

Webサイト内部で講じるられる対策とサイト外部で行う対策です。

内部対策とはコンテンツの質を向上させることやコンテンツであるカテゴリー設計およびコンテンツ同士のリンクの調整です。

前者を「コンテンツSEO」と呼び内部対策と分けて説明するケースもあります。

コンテンツの質を上げるためにはどういったキーワード(潜在ニーズ)を持つ見込み客を集めたいのかを決めることがスタートになります。

キーワードの検索数をGoogleキーワードプランナーのようなツールでチェックを行い検索数の多いキーワードや自社ビジネスに合うキーワードなどをピックアップします。

そのキーワードに合う記事を執筆するのですが記事の品質が高くて信頼できる情報であるのは必須です。

記事のタイトルや見出しにキーワードを入れると検索エンジンが記事を見つけやすくなります。

これはSEOの基本でもあるので覚えておいて損はありません。

またいくつかコンテンツの数を揃えたらコンテンツをカテゴライズして整理するとともに関連し合うコンテンツにリンクを設置するなどのユーザーにあった行動がとりやすいサイトに設計します。

リンクを設置することで読者は求める情報を探しやすくなります。

外部対策では主にWebサイトに対する外部の評価を高める対策です。

具体的には信頼されている外部のWebサイトから自然な形で自社の管轄するWEBサイトに向けて張られたリンクの数を増やすことが代表的な方法です。

また記事自体の質が高くシェアしたくなる内容の記事であったなら自社WEBサイトへの被リンクの数が増え上位検索につなげることもこれまでの実績からも実証されています。

かつては被リンクを買ったり簡易的な被リンクを張る目的のみのサイトを自社で立ち上げたりそこから大量のリンクを張ったりといったブラックハットSEOが猛威を振るっていた時代も近年までありました。

ですが現在ではGoogleなどのクローラーやアルゴリズムの進化に伴いほとんど機能せずSEOとしての効果はないとされています。

検索エンジンも向上してリンクの数ではなくコンテンツ自体の質をチェックして評価されるようになったためと考えられています。

SEOを制してこそ、WEBマーケティング

いかがでしたでしょうか。

WEBマーケティングではSEOが切っても切れな重要なポイントになっています。

すなわちWEBマーケティングでSEOがなければWEBマーケティングの意味がないほど重要です。

これは逆を返せばSEOをしっかりと正しいやり方で実践することでその分の成果を見込めます

この機会にSEOについて学んでみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。