WEBマーケティングを始めてみたりこれから始める方は勉強法はどうしていますか?

インターネットの無料記事などで勉強などが一般的ですがやはりそれだけだとすぐに壁にぶち当たってしまいます。

そうならないために今回はそんな勉強法にプラスαするための本をご紹介致します。

現在WEBマーケティングの勉強で行き詰まっている方やWEBマーケティングを始めるために勉強をしようと考えている方は必見ですのでご覧下さい。

  目次

  1. WEBマーケティングとは
  2. WEBマーケティングのおすすめ本4選
  3. WEBマーケティングの本以外での勉強法
  4. まとめ

WEBマーケティングとは

Webマーケティングとは WEBサイトなどの集客や商品情報を発信などを行います。

まず自社のホームページやブログに集客をします。

そしてユーザーが興味を持つようなコンテンツ作りをするのですがそのためには立案が必要です。

ユーザーにとって使いやすいサイト設計を行うことで集客率を上げることが目的です。

他にもサイトにはどのような検索ワードで訪れているかやどのページが一番見られているのかを分析します。

こうする事で集客率のアップにつながります。

他にもユーザー向けのメルマガ作成を週3回行ったりSNSの運用でTwitterやFacebookなどを定期的に更新したりランディングページと呼ばれるサイトの入り口となるページの設計を行います。 

WEBマーケティング仕事内容

WEBマーケティングの仕事内容を解説していきます。

主に作業内容としては下記になります。

  • 集客
  • 分析

それでは1つずつ解説します。

集客け

WEBマーケティングの目的は集客にあります。

集客が出来なければWEBマーケティングの意味がまずありません。

集客の代表的な方法として2つご紹介します。

1つ目がSEOになります。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称になります。

検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成・調整をすることです。

上位表示させるには自社サイトのテーマにあったコンテンツ掲載します。

SEO対策として検索ワードを常に意識したユーザーの生活に役立つ知識などのユーザーの得になるような情報を織り交ぜます。

見たいページをすぐに検索したり出来る様に利便性の高いサイトにする。

次に紹介するのが広告になります。

WEB広告の場合ですとリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

ゴール設定

CV数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

例えるとCV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

運用方針の立案

上記でお伝えしたゴールの設定をしたらゴールまでのプロセスを設定します。

そのためにターゲット設定をしたり広告のアクセスページから購入までのルートを考え効果を確認する指標(KPI)を設定します。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行します。

その後に施策の成果の確認を行います。

またSEO対策にはコストはほとんどかかりませんが広告の場合のコストは高額になります。

なのでマーケティング担当者は費用面も考えながらよい広告の出しかたを考える必要があります。

分析

WEBサイトの解析を行います。

解析する内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行います。

アクセス解析

入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行います。

離脱しやすいページの状況を見ながらデザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

WEBマーケティングのおすすめ本4選

さてWEBマーケティングについての仕事内容などをざっとご説明しました。

それでは本題のおすすめの本を下記にまとめましたのでご覧下さい。

マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!

この本は入門編といっても過言ではありません。

なぜかというとWEBマーケティングを行う上で必要な基礎知識などを漫画解説で行う内容になっています。

その理由としてはいきなり文字だけで説明されても疲れて辞めてしまうだけなのでそうならないためにも漫画解説でアクセス解析の重要性や現場で役立つノウハウを解説している本になります。

この本は簡単に内容を理解できて尚且つサッと読めるので新人マーケターに長く愛読されている本になります。

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

この本ではWEBマーケティングにおけるWEB広告についての教科書になっています。

歴史や国内や海外での事例や用語の解説などを網羅した一冊になっています。

内容としては初心者でもわかりやすい内容になっているので上級者以外の方でも持っていても損にならないです。

また広告会社やWEB業界の営業担当にもおすすめですので参考書をおすすめの際には一度お手に取ってみては如何でしょうか。

いちばんやさしい新しいSEOの教本

こちらはいちばんさやしいシリーズから出ているSEOの教科書になります。

SEOについての基礎部分から上級者向けのSEO対策まで幅広く解説されているのでSEO対策でお探しであればおすすめの一冊です。

またWEBマーケティング以外にもライター活動をされている方などのSEOに関連する職業の方にもおすすめとなっています。

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

WEBマーケティングの基本が理解しやすい言葉で書かれた一冊です。

WEB初心者でいきなりWEB担当になってしまった方におすすめです。

WEBマーケティングの基本知識や歴史さらにはキーワードプランナーやGoogleトレンドなどツールの活用方法が載っています。

この本の良いところがデータの分析手法やソーシャルリスニングの方法などがわかりやすく書かれているところです。

ですので初心者の方におすすめとなっています。

沈黙のwebマーケティング-webマーケッターボーンの逆襲-

この本はタイトルがとにかくワイルドでカッコいいです。

ですが内容としてはかなり細かく戦略などが解説されています。

他にもペルソナ設計やカスタマージャーニーの設計方法などほかの書籍ではまず記載されていないところまで記載があるのでおすすめです。

こちらは初心者というよりかは中級者以上の方におすすめの一冊になります。

こちらの書籍もイラストを使用し、ストーリー調で読めるのでイメージがしやすいですよ!

例えば教材動画や解説のブログ記事、スクールなど勉強法はさまざまですがスクールを除いた他の勉強法は教えてくれる方がいません。

そのためわからないところが出てきた際に諦めてしまう方がかなり多いです。

そのため1番いい勉強法はオンラインスクールで受講しながら隙間時間でブログ記事や本を読んだりするのが挫折せずに勉強が行えるのではないかと思います。

いかがでしたでしょうか。

WEBマーケティングの勉強法では本以外にもさまざまな勉強法が1つのやり方に縛られずに使えるものはどんどん取り込んでいくことが大切ですね。

今回の記事で勉強法を探されている方の助けになれば嬉しい限りです。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。