最近ではパソコンが一家に一台はある程まで普及しました。

さらにはスマートフォンもほとんどの方が持ってる時代になりました。

そういった時代の影響もあり、WEBマーケティングは皆さんの身近なものに関わっています。

例えばホームページやメールマガジンなどにもWEBマーケティングは関わっています。

このようにWEB制作全般で必須になるのはWEBマーケティングです。

そんなWEB制作に欠かせないWEBマーケティングですが、今回はなぜウェブマーケティングが必要なのか、WEBマーケターの仕事についてご紹介します。

WEBマーケティングとは

WEBマーケティングとは、WEBを利用したマーケティングになります。

マーケティングとは市場調査を意味します。

そのためターゲットを定めそのターゲット調査を行うことでどのような商品を求めているのかを調査します。

こうする事で、WEBを活用しながらの売り込み活動や販売活動をしなても、自然に商品を購入してもらえる流れを作ることが出来ます。

「こんな商品やこんなサービスがあるんだ」と興味を引きつける事で、どこでその商品が売っているかという情報をターゲットに知ってもらいます。

そのためにも、ターゲット分析は欠かさずに実施する必要があります。

また、分析についても、その目的を把握する事で、ターゲットの好みやライフスタイルに合わせた商品の提案を行うことができるようになります。

他にもこんな商品やあんなサービスが欲しいと思ってもらうことで、更なる商品開発やサービス提案の機会を増やすことも出来るのです。

WEBマーケティングの目的としては、まず集客率を上げることが課題です。

そもそも集客率を上げることが出来なければ、WEBマーケティングの意味がありません。

集客率を上げるには、一般的な方法として以下の2つがあります。

WEBマーケティングで集客力を上げる方法①:SEO

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用した際に自社サイトがより上位に表示されるようWebサイトの作成や調整を行うことです。

上位表示させるには、自社サイトのテーマにあったコンテンツを掲載します。

検索ワードをたくさん入れることだけに固執せずに、ユーザーに役立つ情報などを織り交ぜてユーザーの目を惹く内容にします。

ユーザーが希望するコンテンツをすぐに検索出来る様にしたりと利便性の高いサイトにすることで、閲覧する際のストレスを軽減させ、ユーザーのアクセス数を増やすことが出来ます。

WEBマーケティングで集客力を上げる方法②:広告

次に紹介するのが、広告になります。

WEB広告の場合は、リスティング広告があります。

リスティング広告とは、Googleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

WEBマーケティングは本当にWEB制作に必要なのか?

まず前提として、WEBマーケターが解析や調査を行わずにWEBサイトを作成しても、集客・販売促進効果は現れにくいです。

そのため、WEBサイトを商業目的で作る際には、WEBマーケティングが必須なのです。

さらにはWEBマーケティングを行う上でSEO、すなわちSearch Engine Optimizationも行うので、頻繁にアクセスされたい場合にもWEBマーケティングは必要になります。

ですので、WEBマーケティングとWEB制作の関係性は切っても切れない関係なのです。

WEBサイトは出来上がれば終わりではない

皆さんWEBサイトについてはどのように感じていますか?

おそらく、一度WEBを制作したら終わりと思っている方も少なくないと思います。

でも、実はそうではないんです。

WEBサイト運営をするには内容の更新やSEO対策など行うのですが情報の入れ替わりが早いので最新の情報が入ったらすぐに更新を行います。

更新を怠ってしまうと何が起こるのかというと、SEOに悪影響が出てしまいます。

そして、SEOに悪影響が出ると、上位検索がされなくなってしまいます。

様々なWEBページが至る分野に存在する世の中ですので、この上位検索が行われなくなってしまうと、WEBサイトへのアクセス数が大幅に減ってしまいます。

そうなってしまうと、連鎖的に売り上げも落ちてしまい、WEBマーケティングの最終目標である販売活動をしなくても自然と商品が売れる流れを作ることが出来なくなってしまいます。

さらにもう1つ更新を行わないといけない理由としては、商品情報やキャンペーン、会社のニュースなどを更新しないとユーザーが飽きてしまいアクセスされなくなってしまいますので、更新はとても重要です。

WEB制作には、WEBマーケティングが必須

いかがでしたでしょうか?

WEB制作には、WEBマーケティングがどれだけ重要なのかについて解説しましたが、WEBマーケターがいるからWEB制作の目的までのプロセスを設けることが出来ます。

上述した調査や解析を重ね、仮説を立て、立案をすることで、WEB制作の方向性の土台作りが行われます。

当然、プログラマーやプロデューサーなども重要な役割です。

この仕事は誰かが抜けてしまっては成り立たないプロジェクトでもあるので、WEB制作に関わる方は皆さん責任感のある方ばかりだと私は思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。