大学や専門学校などを卒業して新しい未来の幕開けとして頑張ろうと決意を胸に就職したけど思っていたのと違うと会社を辞めてしまった第二新卒の方に朗報です。

今回は近年インターネットの普及により身近な存在になってきたWEBマーケティングへの転職についてご紹介します。

WEBマーケティングに興味はあったけど難しそうだから諦めて別の仕事に就いてしまった方や自分に合う仕事を探してる方は必見ですので最後までご覧下さい。

WEBマーケティングとは

そもそもWEBマーケティングとは何かをまずはじめにお伝えします。

WEBマーケティングとはWEB上の情報の調査を行いその後、設定しているターゲット層の行動を調べます。

そしてそのターゲット層がそのサイトに訪れる際になんのキーワードで検索してきたのかやサイト内での動向を調べます。

そういった情報を基に集客率をアップさせてさらに自然と商品が売れる流れを作ります。

WEBマーケティングとは大まかに説明するとこのような内容になります。

それでは実際にはどのような業務を行なっているのかを次でご紹介します。

WEBマーケティングの業務内容

上記でお伝えした内容はWEBマーケティングの大部分ですが次に解説するのはWEBマーケティングのもっと詳しい業務内容になります。

主に作業内容としては下記になります。

  • 集客施策
  • ターゲット解析

それでは1つずつ解説します。

集客施策

WEBマーケティングの目的は集客率を上げることです。

そもそも集客率を上げることが出来なければWEBマーケティングの意味がありません。

集客率を上げるには一般的な方法として2つあります。

1つ目がSEOです。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称になります。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成を行なったり調整をすることです。

上位表示させるには自社サイトのテーマにあったコンテンツを掲載します。

検索ワードをたくさん入れることだけに固執せずにユーザーに役立つ情報などを織り交ぜてユーザーの目を惹く内容にします。

見たいページをすぐに検索したり出来る様にするために利便性の高いサイトにすることでストレスフリーになりユーザーのアクセス数を増やすことが出来ます。

次に紹介するのが広告になります。

WEB広告の場合はリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

広告を出す場合には担当者は以下の運用を行います。 

ゴール設定

CV数(コンバージョン数)と呼ばれる広告にアクセスして商品を購入したりお問い合わせや資料請求などの広告主のメリットになった数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

例えるとCV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

運用方針の立案

次に上記でお伝えしたゴール設定をしたらゴールまでのプロセスを設定します。

そのためにターゲット設定を行い広告のアクセスページから購入までのルートを考え効果を確認する指標(KPI)を設定します。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行します。

その後に施策の成果の確認を行います。

SEO対策ではコストはほとんどかかりませんが広告の場合のコストは高額なのでマーケティング担当者は費用面も考えながらよい広告の出しかたを考える必要があります。

アクセス解析

WEBサイトの解析を行います。

解析する内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行います。

そして入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行い

離脱しやすいページの状況を見ながらデザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

WEBマーケティングのメリット

WEBマーケティング会社で働く上でのメリットについて解説致します。

それではどうぞ。

世界に向けて発信できる

全世界に向けて情報発信が行えます。

紙媒体の場合は地域が限定されてしまいますがWEBの場合縛るものがないので全世界に発信されます。

そのため達成感が強いのがメリットです。

高速で実行できる

こちらもWEBならではになります。

紙媒体ですと出版されるまで何週間と日数がかかるのに対してWEBであればワンクリックで実行出来ます。

さらに編集なども実行後でも出来るのがポイントですね。

細かくターゲティングできる

細かくターゲット設定が出来るのがいいですよね。

年齢層から趣味などさまざまな条件でターゲット設定を行えるのがWEBマーケティングのポイントです。

副業が出来る

WEBマーケティングでは副業もメリットです。

なにせ副業で得られる金額が100万円行く時もある程高いんです。 

そのためメリットとしておすすめさせて頂きました。

WEBマーケティングのデメリット

次にデメリットをお伝えします。

変化が早いので、スキル維持が大変

WEBマーケティングではとにかく変化が早いです。

前の日に覚えたことなど古い話題になるほど早いです。

そのため常に最新のスキルを身につける必要があるので維持が大変です。

担当者のスキルに依存する

担当者のスキルに依存している部分があります。

リサーチ力や提案力など担当者にさまざまなスキルが備わっていないとWEBマーケティングを行うことは難しくなっきます。

そのため勉強が常に必要不可欠になります。

ですので勉強に余念のない方にとってはおすすめです。

WEBマーケティングへの転職方法

WEBマーケティングへの転職方法は求人広告や直接電話して求人を行なっているのかを聞いたりが一般的ですよね。 

ですがWEBマーケティングではそんな方法を取らずとも転職する方法があるんです。

それがスクールに通うことです。

スクールの中には転職保証が付いているプランがあるのでそのプランを活用することで実績や知識がついて即戦力としてスタートダッシュをすることが出来ます

まとめ

いかがでしたでしょうか。

第二新卒生の方も初めて入社した会社で失敗して不安な気持ちで2回目に挑戦するために頑張ってますので私も微力ながらこうして記事で支えようと思いWEBマーケティングの転職にしました。

WEBマーケティングでは技術や営業などもあり大変かもしれませんが諦めずに勉強をしっかりとこなす事が出来ればそこまで苦ではありません。

ですので現在WEBマーケティング会社への就職活動されていたり考えてるかたはぜひこの記事を参考にしてもらえたらと思いますので何卒宜しくお願い申し上げます。