「Twitter」や「Instagram」に負けないほどの高い人気を獲得しているSNS、「Tiktok」このSNSに世界中の人々がアクセスし、さまざまな世代の人がいろいろな動画を投稿しています。

そしてまた、Tiktokをビジネスとして活用しようという動きも活発なようです。

今回は、Tiktokを活用したマーケティングを成功するためのコツを、実例を挙げながら解説していきます。

Tiktokでマーケティングを行うことのメリット

現在、SNSというのは非常に数多く存在しています。それほど知名度の高くないものを含めれば、到底把握しきれません。そのような状況の中で、あえてTiktok内でマーケティングを行うメリットはどれだけあるのでしょうか。この項目で検証していきましょう。

「バズり」を比較的狙いやすい

Tiktokは既存のものと比べ、かなり個性的な仕様となっています。

投稿した動画は自動的に表示される「おすすめ画面」にて再生され、ユーザーは主にそこから動画を閲覧します。

起動時は必ずおすすめ画面となるため、ほとんどのユーザーはまず推薦された動画を見るというのがこのアプリの一般的な使い方です。

YouTubeやInstagramのように、「まず特定ユーザーの投稿をチェックする」という習慣はTiktokではそれほどポピュラーではありません。

この「おすすめ重視」とも言える形式は常連ユーザーを作りづらく、一見あまり有用でないように思えます。

しかし、この形式は登録者数やフォロワー数への依存が低いというのがポイントです。

他SNSのように人気投稿者によっておすすめ項目が独占されてしまうということがなく、新規投稿者や投稿数の少ないユーザーであっても大多数のユーザーにリーチできる可能性が少なからずあります。

簡単に言えば、Tiktokは誰であっても「バズる」可能性が用意されているSNSということです。何気ない投稿が予想外の大人気を獲得するということも、決して夢物語ではありません。

生まれたばかりのSNSで、未開拓の土壌がある

Tiktokは比較的最近誕生したSNSです。

リリースは2016年と、Instagram(2010年)やTwitter(2006)、YouTube(2005)年と、他SNSと比べてもかなり若手と言えます。

その分、まだまだ「伸びる余地がある」というのが魅力のひとつです。

2021年現在でも人気に翳りは見えていませんし、YouTubeのように特定ジャンルの再生数が人気投稿者に集中しているという状況もそれほど深刻ではありません。

だからこそ、自分たちが人気者になれるという可能性がまだ残されているということです。

さらに言えば、若いSNSであるがゆえに今後どのようなジャンルがバズるかというのもまだまだ未知数です。

それを狙うことができれば、非常に大きな宣伝効果を獲得できるでしょう。

低予算で参入できる

Tiktok動画のほとんどは、スマホで撮影されています。

中には高画質で収録できる機材が使われたものもありますが、ユーザーのほとんどはそれほど画質を気にしてはいません。

閲覧できる媒体もスマホであるため、再生できる動画の質に限界があるからです。

また、15秒60秒以下という時間制限もあって、主に視聴されているのはどちらかと言えば「お手軽」に楽しめるものばかりです。

Tiktokユーザーの大半は、スピーディに「面白い!」「すごい!」と思える動画を求めています。

だからこそ、投稿者側もそれほどお金や時間をかける必要がありません。

たとえふだん使っているスマホで撮影された宣伝動画であったとしても、内容さえユーザーの興味を引けば、予算や手間からは考えられないほどの大注目を集めることができるというのも特徴なのです。

中小企業のTiktokマーケティング成功事例紹介

Tiktokはエンタメツールとして紹介される機会が多いので、人によっては「宣伝に使えないのでは?」考えているかもしれません。

しかし、それはいささか誤解ではないかと思われます。

なぜなら、Tiktokを活用してマーケティングに成功した中小企業が複数存在しているからです。

三和交通の事例

Tiktokを活用した企業として有名なのは、やはり「三和交通」でしょう。

東京や神奈川で事業を展開しているこのタクシー会社は、過去にも「忍者タクシー」や「心霊スポット巡礼ツアー」等ユニークな戦略にチャレンジしてきました。

そのような三和交通がTiktokに投稿したのは、同社に所属する中年男性が職場でただダンスをするだけの動画です。

リズミカルなダンスと不慣れな動きのおじさんのギャップがユーザーの注目を集め、大幅なポジティブイメージの獲得に成功。

新卒採用者の大幅な増加を実現したとのことです。

https://forbesjapan.com/articles/detail/36957/1/1/1

スタイリー不動産の事例

Tiktokを不動産営業に活用したというケースもあります。

関西で事業を展開する「スタイリー不動産」では、スマホで撮影した物件の内覧動画を投稿し、月100件以上の問い合わせ獲得につなげました。

毎日投稿を続けたこと、そして気軽に見れる短時間の動画としたことが成功要因と考えられています。

Tiktok広告の特徴

Tiktokでのマーケティング手法は、ただ単に動画を投稿することだけではありません。

YouTubeやInstagramのように、広告を発信してサービスを宣伝することができます。

Tiktokでマーケティングを行うのであれば、この「Tiktok広告(Tiktok fo Business)」の特徴についても知っておきましょう。

コストパフォーマンスの高さ

YouTubeに広告を発信するマーケティング手法も、すっかり定番となりました。

しかしその分競合企業が増え、広告1件あたりの宣伝コストが増加しているのは問題と言えます。

その点、Tiktokは先述した通りまだまだ若いSNSであり、未開拓の部分が残されています。

他のSNSと比べても、それほど多くの企業参入しているわけではありません。

そのため、比較的安価な費用で広告を発信し、高い成果を期待することが期待できます。

全画面で表示される

せっかく広告を出したのに、その存在に気づいてもらえないというのはあまりよろしくありません。

表示画面が小さかったり、隅の方の表示であったりすると、気づかれない可能性は高くなってしまいます。

Tiktok広告であればそういった失敗はあり得ません。

Tiktokの「インフィード広告」はユーザーのスマホ画面全体にアップで表示されるので、気づかれないということはまずないのです。

スキルがなくても簡単に動画広告が作れる

「動画広告」と聞いて、「敷居が高い」と感じられる方もいるかもしれません。

しかし、Tiktokであれば動画編集のスキルがなくてもかんたんに広告を発信することができます。

スマホで広告用のショートムービーをお手軽に制作できるツールが、あらかじめ用意されているからです。

エフェクトやBGM素材も豊富に揃っているので、これだけで個性溢れる広告動画を作ることが可能となっています。

まとめ

TiktokはまだまだSNSとして成熟しておらず、さまざまな可能性が期待できます。

しかし、今後続々企業が参入することで競争は激化していくことでしょう。

Tiktokでのマーケティング成功を目指すのであれば「善は急げ」、早めの参入をおすすめします。