皆さん、WEBマーケティングには研修が必要だと思われますか?

会社に入社してから研修を行うことで、基礎知識を身につけられ、実践で成果を発揮できます。

そのため、WEBマーケティングにも研修にも必須は必須だと考えます。

今回は、研修が必要な理由とそのメリットなどを詳しく解説しますので、最後までご覧下さい。

Webマーケティングの重要性

近年、ビジネスシーンにおいてWebマーケティングの重要性に注目が集まっています。

そのため、Webマーケティングの重要度が多くの企業で理解されつつある中で、実際に具体的な施策を行い、成果を挙げている企業は、まだほんの一部しかありません。

そのため、早めにWebマーケティングに力を入れ成果を出していくことで、ライバル企業との差別化をすることができます。

Webマーケティングを成功するには

Webマーケティングは、トレンドや改善方法が非常に早いです。

そのため、Webマーケティングを成功させるためには、まずトレンドをしっかりと理解して施策を行う必要性があります。

また業界によっては、Webマーケティングによる効果や成果の期待値にかける費用も変わってきます。

ですので、自社が抱える課題をしっかりと分析して、その課題に合った施策プランを実施することにより、Webマーケティングを成功させることが出来ます。

Webマーケティングの企業研修を行うメリット

Webマーケティングに関する研修を社内で実施することで、社内全体の知識レベルを上げることが出来ます。

Webマーケティングには正解が存在しないので、このように研修を行うことで講師陣のスキルも磨かれるので、この制度を採用している企業は増えてきてます。

さらには、社内でのコミュニケーションを円滑にするために研修を行ったりもします。

例えば、小売り業の場合は店舗スタッフにもマーケティングの知識を研修で身に着けてもらい、本社からのマーケティング戦略の意味を即座に理解させるためです。

こうすることで、スピード感を持った店舗での具体的な施策につなげることができるので、他部署の人もマーケティングに関する知識を理解することで、部署間のやりとりが円滑になり効率よく業務に当たることができます。

他にも、他部署とのコミュニケーションが円滑になるだけでなく、自身の仕事でもWebマーケティングを理解するメリットがあります。

例えば、制作部門の場合はWebマーケティングを理解することによりSEOや顧客のニーズに照準を合わせることでWebサイトや広告の作成を行うことができるのでその分の成果が変わります。

ですので、ユーザーの購買意欲に響かせる効果的なWebサイトの作成ができるようになります。

 営業担当もマーケティングの知識を得て、市場の動向や利用する消費者の分析をすることで、根拠に基づいたアドバイスをお客様にすることができるようになります

また、管理部門の場合は数値に基づいた適切な経営戦略を立てることができるので、Webマーケティングの知識を研修で社内に定着させる事で、全体の業務効率化と質を上げることが出来ます。

Webマーケティング研修におすすめの内容

それでは、研修を行う際に何をすればいいのか、まとめて解説します。

WEBマーケ研修内容①:SEM

SEMとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからWebサイトや訪問者が最初にアクセスするランディングページに訪問者を増やすためのWebマーケティング手法です。 

具体的なやり方としては、SEOやインターネット広告などがあります。

WEBマーケ研修内容②:SEO

SEOは、しっかりとターゲットを決めて、そのターゲットが代表的に検索しているキーワードを入れないとなかなか効果が出ません

また、それだけでは実は難しく、正しい知識に基づいた対策をやらないと、検索順位が逆に下がってしまうなんて事態もあります。

ですので、研修でSEOの正しい知識やノウハウをしっかりと身に付けることで、SEOでの成果を挙げる近道になります。

WEBマーケ研修内容③:Web広告

 Web広告では、ターゲットにフォーカスした効率的なプロモーションが可能だという特徴があります。

WEB広告には、リスティング広告・アプリ内広告・バナー広告などにおける様々な種類の Web広告があります。

そのため、自社に合った広告の種類を選ぶことにより、効果的な成果を上げることが出来るのです。

また、インターネット広告に関する基本的な知識を付けることで自社に合った広告も選べるようになります。

WEBマーケ研修内容④:アクセス解析

アクセス解析をすることで、Webサイトに訪れるユーザーの傾向や特性を分析します。

このようにユーザーの特徴を詳しく知ることでWebサイトの課題の発見や効果測定のために必要です。

このように、ユーザーの特徴を詳しく知ることで、Webサイトの課題の発見や効果測定につながります

また、PV数・アクセス回数・アクセス者数・CV数などのアクセス解析の主な指標に基づいて解析をすることで、Webマーケティングの改善に役立てられます。

WEBマーケ研修内容⑤:SNSマーケティング

SNSでマーケティングを行うことにより、企業のブランドパワーを高める他に、商品の認知度や好感度を高めることが可能です。

また、こちらの投稿内容をユーザーがリツイートなどで拡散することで、想定以上の効果を見込めることもあります。

ですが、その一方で「不適切な発言」や「担当者の誤操作」などのマイナスな情報が拡散されてしまうリスクもあるので、リスクヘッジのために対処しながら行いましょう。

その方法の一つが、社員全体にSNSのポリシーガイドラインの説明会をしたり情報セキュリティの教育をすることが必要です。

WEBマーケ研修内容⑥:オウンドメディア

Webマーケティング上でのオウンドメディアとは、主にブログや読み物サイトのような自社が運営しているサイトになります。 

運営することにより、企業の商品やサービスの認知度を上げるためのブランディングで、ターゲットの購入行動につなげるなどの効果があります。

具体的には、ペルソナの設定や検索される際のキーワード決めます。

そしてコンテンツを作り、計測・分析といった作業を行います。 

キーワードを決めるためには、前述したSEOに関する知識、そして計測・分析のためにはアクセス解析の知識が必要不可欠です。

Webマーケティング研修を行うのにおすすめのスクール

Webマーケティング研修を行う上でWeb・IT専門スクールが、おすすめです。

Webマーケティング研修がおすすめの理由は、以下の通りです。

WEBマーケスクールのおすすめ理由①:現場を知り尽くした現役のWebマーケターが講師を務めている

Webマーケティングのトレンドは非常に変化が速いので、少し前の手法が現在の市場では役に立たないということが多々あります。

スクールの研修では、現役のマーケターから最新のWebマーケティングトレンドやSEO・広告運用のノウハウ・アクセス解析をもとにした効果検証の仕方を学ぶことが出来ます

そのため、実務内容を身に付けることができます。

WEBマーケスクールのおすすめ理由②:膨大な情報から課題に合ったマーケティング手法を学べる

Webマーケティングの手法は、種類が非常に多いので自社に合った方法を選ぶことが非常に困難です。

実務に特化したスクールでは、企業の課題をヒアリングして、その課題に沿った研修内容を提案しているので、研修内容をそのまま自社の課題解決に応用することが出来ます。

スクールでのWebマーケティング研修では、実践的な新鮮な情報を学ぶことができます。

そのため、日々の業務で学んだ知識をすぐに役立てていただくことが可能になります。

WEBマーケティングの研修を導入しよう

いかがでしたでしょうか。

 Webマーケティングの研修があるのとないのでは、成果に影響が出るだけではなく、ビジネスの効率性においてもメリットがありますね。

ですので、会社の全員で定期的に研修を受ける制度を設けるのがいいでしょう。

この機会に、ぜひ研修制度を導入してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。