WEBデザイナーは、「ただお洒落なサイトを作るだけ」「センスだけで制作している」と思われている方も少なからずいます。

ですがWEBデザイナーとは、お洒落なサイトを作るだけが仕事ではありません。

それではWEBデザイナーはどのようなスキルや視点で行うのかを解説していきますので、これからWEBデザイナーになろうと頑張っている方や、現在WEBデザイナーとして活動しているけどスキルアップの方法を探している方は必見ですので、最後までご覧下さい。

   目次

  • WEBデザイナーにWEBマーケティングのスキルは必要なのか
  • WEBデザイナーがWEBマーケティングスキルを身につける方法
  • WEBデザイナーがWEBマーケティングスキルを身につけることで得られる恩恵
  • まとめ

WEBデザイナーにマーケティングのスキルは必要なのか

WEBデザイナーはお洒落なサイト作成以外に、も集客率を集めるためのロジックなどを組み込まなければならないのです。

ではどうやって集客率を高めるのかというと、それはズバリWEBマーケティングのスキルが活用されています。

WEBマーケティングは集客率を集めたり商品の売上増加が仕事です。

そのためにWEBサイトの構成の見直しなどもしています。

てすのでWEBマーケティングのスキルを習得する事で、今デザインしている作品を2倍、3倍と良くすることが出来ます。

実はこの方法はベテランの方などがもうすでに活用していますのでスキルアップに活用されても大丈夫です。

WEBデザイナーがWEBマーケティングのスキルを身につける方法

WEBマーケティングでは、WEB分析・戦略の決定・ターゲットの決定の3つの要素で成り立っています。

この3つを普段の仕事のなかで意識することで、WEBマーケティングの視点を身につけるうえで重要です。

はじめに現状の分析ですが、何を分析すればいいのかです。

ターゲットを設定して、そのターゲットのサイト内での行動や、そのサイトに訪れた際の検索ワードを分析します。

分析が終わったら、分析データを基に戦略の立案を行います。

戦略の立案が完成したら、次に行うのは結果の確認です。

上記のやり方をWEBデザインを行う際に取り入れることにより、慣れてくればWEBマーケティングの視点を手に入れることが出来るのです。

そうすることでスキルアップを図ることが出来ます。

WEBデザイナーがマーケティングのスキルを身につけることで得られる恩恵

WEBデザイナーがWEBマーケティングの視点を身につけることによって、さまざまな恩恵が得られます。

どんな恩恵が得られるのか下記にまとめましたのでご覧下さい。

給与の上昇

WEBマーケティングのスキルを身につけることで、今までのデザインの質が上がるのでその分、評価が上がります。

そうすることにより給与も上がることになります。

就職や転職をする企業の選択肢が増える

WEBマーケティングの視点を身につけていることで、面接時のアピールポイントとしてマーケティングスキルもあるので評価が高くなり選択肢が増えます。

デザインを好き嫌いで判断しなくなる

デザインだけに固執してしまうと、知らぬ間に好き嫌いで判断するようになってしまい、仕事の選り好みをしてしまいます。

そうなってしまうとスキルアップが出来なくなってしまう他に、仕事量も極端になくなってしまいます。

ですがWEBマーケティングスキル身につけることにより、デザイン以外での視点でも見ることが出来るので選り好みをしなくなります。

ビジネスの仕組みが理解できる

デザインの知識のみだとどうしても全体像を見ることが出来ませんがWEBマーケティングのスキル

を身につけることでビジネスにおいての仕組みを理解出来るのでデザインの方向性などを設定しやすくなります。

デザイン業以外の仕事が理解できる

WEBマーケティングスキルを身につけることで、デザイン以外の業種についての仕事の理解を深めることが出来ます。

そうすることにより、他業種の方とミーティングを行う際など、評価が上がり自身の意見が通りやすくなります。

制作目的の理解力アップ

制作を行う際に目的の理解力が十分でないと満足してもらえるデザインが難しくなります。

ですがWEBマーケティングスキルを身につけることで制作目的の理解力が深まり相手の望むデザインを作りだすことが出来ます。

制作の方向性を自ら決定できる

WEBマーケティングスキルを身につけることで、制作の目的をなどの理解力が深まるので自ずと方向性を自ら決定することが出来る様になります。

自分の作業工数がコントロールできる

WEBマーケティングスキルを身につけることで、全体像を把握出来るので自分の作業工数のコントロールができるようになれます。

入手情報の量が増える

WEBマーケティングのスキルには情報収集もあるので自身の情報入手量が増えます。

情報量が増えることでデザインに活用することができます。

欲しい情報が早く見つかる

WEBマーケティングスキルはリサーチにも長けているので自身の欲しい情報をいち早く入手出来る他に他業種の方との繋がりも増えるので情報が入ってきやすくなります。

アウトプットの量が増える

インプットの量が増えることでアウトプットが出来る量も同時に増えます。

アウトプットの幅が広がる

インプットの幅が広がる事でアウトプットの幅も広がります。

デザイン以外の評価が生まれる

WEBマーケティングスキルを身につける事でデザイン以外での評価がされます。

こうすることにより給与面や報酬額も増える他に責任のある立場に昇進することも出来ます。

デザイン以外の見積項目が増える

WEBマーケティングスキルを身につける事でデザイン以外の見積もり項目が増えます。

そうすることにより報酬額も増えるので仕事にやりがいを感じる事が出来ます。

デザインスキルの習得期間が短縮

WEBマーケティングスキルを身につけることで、デザインスキルの習得までの期間を短縮することができます。

最短で習得するまでのプロセスを設定することで、行動が計画的になるので期間短縮ができます。

お金の動きが理解できる

制作したサイトの金額を投資額を回収するには、どれほどの成果が必要か知ってみましょう。

そうすることで、デザイナーの作業工数費用・時間費用としてではなく、顧客の投資として真っ当な見積もりを作る事ができます。

打合せでの発言力が向上する

大勢の前であなたの感想をのべてる場合ではありません。

様々な事前準備をして誰に何を伝えるのかが明確に頭に浮かんでいます。

誰かが決めたことをメモするのではなく誰かにメモをとってもらう発信をする立場にあります。

自分のポジションが明確化

あなたにはいろんな肩書きが生まれます。

何を目的に何をする人物なのかが明確になれば自分のポジションがとても明確になります。

自分のブランディングに役立つ

ポジションを明確にできればそれを特化して認知を広げる方法の模索が可能になります。

あまり競合がいない場所でその領域での認知を広げる事で第一想起を狙う事ができます。

イラストが得意です!というブランディングではあまりにも競合がひしめき合っている事を痛感するでしょう。

顧客貢献の為の自己成長のサイクルが生まれる

ラーメン屋さんでラーメンが出されるのは当たり前です。

スープや麺にこだわるのも当たり前です。

ですが自身のこだわりが味覚で伝わらなければお店は失敗してしまいます。

ですので立地や集客などのために周辺地域の競合店やまた来たいと思ってもらう為にブログや雑誌、SNSなどを駆使してその味を伝える必要があります。

店内導線や看板スタッフの管理仕入れなどが滞っていない上で麺やスープへのこだわりが生きて「おいしかったね」「また食べたいね」という感謝される状況が生まれるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

WEBデザイナーの方もWEBマーケティングスキルを身につける事で、さまざまなメリットが生まれます。

ぜひともWEBマーケティングのスキルを身につけてもらえればと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。