大学や専門学校などを卒業して、新しい未来の幕開けとして頑張ろうと決意を胸に就職したけど、思っていた仕事環境と違うと会社を辞めてしまった第二新卒の方に朗報です。

今回は、近年インターネットの普及により身近な存在になってきたWEBマーケティングへの転職についてご紹介します。

WEBマーケティングに興味はあったけど、難しそうだから諦めて別の仕事に就いてしまった方や、自分に合う仕事を探してる方は必見ですので、最後までご覧下さい。

WEBマーケティングとは

そもそもWEBマーケティングとは何かについて、まず簡単に解説します。

WEBマーケティングとは、WEB上の情報の調査を行い、設定しているターゲット層の行動を調べます

そして、そのターゲット層がそのサイトに訪れる際に、なんのキーワードで検索してきたのかや、サイト内での動向を調べます

そういった情報を基に集客率をアップさせて、さらに自然と商品が売れる流れを作ります。

WEBマーケティングとは、大まかに説明するとこのような内容になります。

WEBマーケティングのメリット

WEBマーケティング会社で働く上でのメリットについて、解説致します。

それではどうぞ。

WEBマーケティングのメリット①:世界に向けて発信できる

WEBマーケティングは、他の媒体を用いたマーケに比べて、簡単に全世界に向けて情報発信が行えます。

例えば、紙媒体での広告の場合は、地域が限定されてしまいがちですが、WEBの場合は縛るものがないので全世界に発信することができます。

そのため、世界規模での拡散発信可能性があることが、メリットです。

WEBマーケティングのメリット②:高速で実行できる

こちらも、WEBを使ったマーケティングならではのメリットになります。

例えば、紙媒体での広告ですと、出版されるまで何週間と日数がかかるのに対して、WEBであればほんの一瞬で公開出来ます。

さらに、情報公開後の編集が、簡単に実行出来る点もメリットですね。

WEBマーケティングのメリット③:細かくターゲティングできる

WEBを使うことで、より簡単に細かいターゲット設定が出来るのもメリットです。

年齢層から趣味などさまざまな条件でターゲット設定を行えるのが、WEBマーケティングのポイントです。

WEBマーケティングのメリット④:副業が出来る

WEBマーケティングを駆使することで、実は副業がしやすくなります

なにせ、WEBマーケティングをうまく副業に取り込めば、副業収入が100万円に達する話も珍しくありません。 

そのため、メリットとしておすすめさせて頂きました。

WEBマーケティングのデメリット

一方で、WEBマーケティングに関するデメリットをお伝えします。

WEBマーケティングのデメリット①:変化が早いので、スキル維持が大変

WEBマーケティングの知識・ツールは、とにかく変化が早いです。

前日に覚えたことが、さらに更新されていることもある程です。

そのため、常に最新のスキルを維持する必要があるため大変です。

WEBマーケティングのデメリット②:担当者のスキルに依存する

企業がWEBマーケティングを導入する場合、マーケティング効果はその担当者のスキルに依存してしまうことになります。

例えば、担当者にリサーチ力や提案力などのさまざまなスキルが備わっていないと、WEBマーケティングを行うことは難しくなっていきます。

そのため、担当者には、常に勉強し続ける忍耐強さが必要不可欠になります。

WEBマーケティングへの転職方法

通常、転職する際は、求人広告や直接企業のリクルートサイトを経由してコンタクトをとることが一般的です。 

ですが、WEBマーケティングでは、そういった方法を取らずとも転職する方法もあります。

それがWEBマーケティングスキルを身につけるスクールに通うことです。

スクールの中には、転職保証が付いているプランがあるので、そういったプランを活用することで、スクール終了後すぐに即戦力として企業でスタートダッシュをすることが出来ます。

ウェブマーケティングの転職は、努力次第

いかがでしたでしょうか。

初めて入社した会社で失敗して、不安な気持ちで2回目の就職に挑戦しようとする第二新卒生の方を、私も微力ながら応援しようと思い、今回はこういった記事にいたしました。

WEBマーケティング職は、技術や営業などもあり大変かもしれませんが、諦めずに勉強をしっかりとこなす事が出来れば、そこまで苦な仕事ではありません。

ですので、現在WEBマーケティング会社への就職活動を考えてる方は、ぜひこの記事や他の記事を参考にして、知識を身に着けていただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。