今回は海外のWEBマーケティング会社で、就職することは可能なのかを解説しようと思いました。

海外でWEBマーケティングって実際に出来たらカッコいいですよね。

ですので今回は海外でWEBマーケティングを行うための内容でまとめました。

ぜひ最後までご覧ください。

海外で働くにはどうすればいい?

海外で働くにはまず1番初めに決めなくてはなりません。

それはどこの国でどんな職に就いてと具体性を、持たせていかなければなりません。

ほかにも現地で自分には何が出来るのかも明確にする必要があります。

この二つをはっきりとさせることで次に自分がすべき事はなんなのかが見えてくるはずです。

WEBマーケティングについて

WEBマーケティングとはWEBを利用したマーケティングになります。

マーケティングとは市場調査という意味合いがあるのでターゲット調査を行うことでWEBを活用しながら売り込みなどの販売活動をしなくとも自然に商品を購入してもらえる流れを作ることが出来ます。

こんな商品やサービスがあるやどこで売っているかという情報をターゲットに知ってもらわなければなりませんのでターゲットの分析も怠らずにやる必要があります。

分析もなぜ行う必要があるのかというとターゲットの好みやライフスタイルが理解できていればターゲットに合わせた商品の提案を行うことが出来る他にもこの商品やサービスが欲しいと思ってもらうためです。

それではどのように集客率と売上をあげるのかご覧下さい。

WEBマーケティングの目的は集客率を上げることです。

そもそも集客率を上げることが出来なければWEBマーケティングの意味がありません。

集客率を上げるには一般的な方法として2つあります。

1つ目がSEOです。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称になります。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成を行なったり調整をすることです。

上位表示させるには自社サイトのテーマにあったコンテンツを掲載します。

検索ワードをたくさん入れることだけに固執せずにユーザーに役立つ情報などを織り交ぜてユーザーの目を惹く内容にします。

見たいページをすぐに検索したり出来る様にするために利便性の高いサイトにすることでストレスフリーになりユーザーのアクセス数を増やすことが出来ます。

次に紹介するのが広告になります。

WEB広告の場合はリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

広告を出す場合には担当者は以下の運用を行います。 

ゴール設定

CV数(コンバージョン数)と呼ばれる広告にアクセスして商品を購入したりお問い合わせや資料請求などの広告主のメリットになった数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

例えるとCV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

運用方針の立案

次に上記でお伝えしたゴール設定をしたらゴールまでのプロセスを設定します。

そのためにターゲット設定を行い広告のアクセスページから購入までのルートを考え効果を確認する指標(KPI)を設定します。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行します。

その後に施策の成果の確認を行います。

SEO対策ではコストはほとんどかかりませんが広告の場合のコストは高額なのでマーケティング担当者は費用面も考えながらよい広告の出しかたを考える必要があります。

アクセス解析

WEBサイトの解析を行います。

解析する内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行います。

そして入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行い

離脱しやすいページの状況を見ながらデザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

SEO &SNS

SEOはとても大切です。

これは日本でも同じと言えるでしょう。

ただし海外の場合はそれと同じくらいに場合によってはそれ以上大切なのがソーシャルネットワークサービスです

ECサイト

日本のECサイトは日本国内のみに対応している事が多いのです。

ですが海外のECサイトは商品を全世界に発送しているのでそのため送料の設定が複雑です。

海外就職におけるメリット・デメリット

メリットとしてはとにかく自由です。

海外では意見をしっかりと発言出来るので日本みたく頭ごなしに怒られて発言出来なくなるなんてことはありません。

さらに海外では日本と違い全て仕事優先ではないので残業を禁止する会社もあるほどです。

このあたりがやはり日本との違いです。

6時になったら残業をさせないために強制的に返されてしまいます。

そのため家で家族サービスをたっぷりすることが出来るので家族の絆も深まるのが嬉しいですよね。

デメリットとしては仕事面で保証がまずありません。

ここが日本との違いですね。

さらに海外のびっくりなところはビザが切れてしまった時が最悪です。

クビになり、ビザの効力がきれたら国外にすぐに出なければなりません。

これはかなり怖いですよね。

就職をするための実務経験

海外でも日本でも実務経験は必要になります。

ですが海外に直接行って実務経験を積むのは現実的ではありません。

ですので日本で経験を積んでから海外に出向くのが現実的です。

語学力

語学力は海外で働く以上、大切な問題ですまず語学力がなければWEBマーケティングを行う際にインタビューする時に語学力がなければ絶望的です。

働くためのビザ

働くために就労ビザを取得する必要があります。

これがないと海外で働くことが出来ないのでとりましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

海外でWEBマーケティングを行う方法についてですがなかなか簡単ではありませんよね。

語学力や就労ビザなど面倒なことが数多くあります。

ですがそれをクリア出来れば晴れて海外でWEBマーケティングを行うことが出来るのでカッコいいワークライフを送ることが出来るのです。

この機会に海外での求人を探して考えてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。