WEBマーケティングがなくなる?

近年、インターネットの普及によりバナー広告などのWEB上の広告がさまざまな企業から注目を集めています。

さて、そんなWEB広告を活用する企業が増えているなか、人気が急増している職種があります。

それがこのWEB広告の心臓部分とも言えるWEBマーケティングを生業とする、WEBマーケターになります。

しかし、そんな人気のWEBマーケターですが、実は、2020年3月25日からサービスが開始されたdocomoの5G(5th Generation Mobile Communication System)がキッカケとなり、WEBマーケティングが全自動化されてWEBマーケターの仕事がなくなると囁かれ始めました

今回は、本当にWEBマーケターの仕事が取って代わられるのかについて、WEBマーケターの仕事内容などを基にまとめました。

これからWEBマーケティングを始めようとしている方やWEBマーケティングを始めたマーケターの方は、必見の内容となりますので最後までご覧下さい。

WEBマーケティングの仕事内容

そもそも、「WEBマーケティングとは何か」をまずは説明します。

WEBマーケティングとは、WEB上の情報調査を行い、設定しているターゲット層の行動を調べることです

例えば、そのターゲット層がWEBサイトに訪れる際に、どんなキーワードで検索してきたのか、や彼らのWEBサイト内での動向を調べます。

そういった情報を基に、集客率をアップさせる仕組みを導入し、自然と商品が売れる流れを作ります。

WEBマーケティングとは、大まかに説明するとこのような内容になります。

5GとWEBマーケティングの今後の流れ

今後、5Gを応用したソリューションサービスが増えてくると、従来と比べて、仕事がより効率化されるでしょう。

では、今後のWEBマーケティングは、全て5Gに制御されて全自動化されるのでしょうか?

その答えとして、現時点においては、今後WEBマーケティングの仕事が全て5Gに制御されて全自動化されることは、まずあり得ないと思います。

なぜなら、営業の部分が絡んでくるからです。

営業が絡むとなぜ難しいのか?、それは人対人のコミュニケーションが必須だからです。

人同士でないと金額交渉などを柔軟には出来ませよね?

そういった点からも、まだWEBマーケティングを全自動化することは不可能なのです。

WEBマーケティングがなくなるのは、遥か遠い未来

いかがでしたでしょうか。

今後の5GでWEBマーケティングが消滅してしまうのかという内容を、考察を織り交ぜて調べましたが、5GがWEBマーケティングの全てを自動化する時代はまだ先でしょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。