昨今、コロナウイルスの蔓延によりさまざまな企業で時差出勤や在宅ワークを行うことが増えてきました。

新入社員も例外ではなく在宅ワークを行う会社がほとんどです。

ですので今回はWEBマーケティング未経験者の新人マーケターでも在宅ワークが出来るのかについて解説していこうと思います。

まだ入社したての新入マーケターの方や現在、就活中の方は必見の内容ですので最後までお付き合いください。

それではどうぞご覧ください。

  目次

  • WEBマーケティングとは
  • 未経験者には在宅ワークは向いていない
  • 向かない理由
  • 未経験者でも在宅ワークは出来るのか
  • 在宅ワークをするためには
  • まとめ

WEBマーケティングとは

WEBマーケティングとは簡単に言うとWEB上の情報をリサーチと分析を行い集客率を上げ売上げの増加に繋げるために自然と商品が売れる仕組みづくりを行うことです。

あまりにもざっくりと言いましたがもっと簡単に言うとインターネットを使い集客と売上げをアップさせるのがWEBマーケティングの本質になります。

それではどのように行うのか詳しく解説していきます。

集客率を上げる一般的な方法

集客率を上げる方法としては一般的に2つあります。

その1つ目がSEOです。

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略称になります。

日本語に訳すと検索エンジン最適化になります。

検索エンジンとは皆さんがよくインターネットで調べ物をする時に使うGoogleや Yahoo!の検索ページのこといいます。

検索エンジンを最適化させることにより関連キーワードが検索された際に1ページ目の上位に表示されるようになります。

WEBマーケティングはこのように上位に表示させるためのWebサイトの作成を行なったり調整も行っています。

また上位表示させるために自社サイトのテーマに沿ったコンテンツの掲載もします。

検索ワードをたくさん入れることだけに集中せずユーザーに役立つお得な情報などを織り交ぜてユーザーの目を惹く内容にします。

また見たいページをすぐに表示することが出来る様にするために調整を行います。

こうすることで利便性の高いWEBサイトにすることでストレスフリーになりユーザーのアクセス数を増やすことが出来ます。

リスティング広告

WEBマーケティングの仕事ではWEB広告も行います。

取り扱うWEB広告はリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

広告を運営する場合には担当者は以下の運用を行います。 

ゴール設定

CV数(コンバージョン数)と呼ばれる広告にアクセスして商品を購入したりお問い合わせや資料請求などの広告主のメリットになった数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げなどの目標指数を設定をします。

運用方針の立案

次に上記でお伝えしたゴール設定をしたら運用の方針を立案して提出します。

運用方針を固めるためにまずペルソナ設定を行い広告のアクセスページから購入までのルートを考えて効果を確認します。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行します。

その後に施策の成果の確認を行います。

アクセス解析

WEBサイトのアクセス解析を行います。

解析する内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行います。

そして入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行い

離脱しやすいページの状況を確認しながらデザインや機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

未経験者には在宅ワークは向いていない

まず大前提として未経験者には在宅ワークは向いてないです。

これに関しては言わずもがななにもわからない真っ新な状態で1人で在宅ワークは厳しすぎるからです。

そのため在宅ワークは向いていません

さらに他にも向いていない理由があります。

それがこちらになります。

  • 時給での評価が基本的に出来ない
  • コミュニケーションが取りづらい
  • 自宅の環境を整える必要がある

上記がその理由になります。

それでは1つずつ解説します。

時給での評価が基本的に出来ない

アルバイトや派遣の場合はどうしても月給ではなく時給換算になってしまいます。

そのため在宅ワークの場合ですと自宅で1人のためその場に責任者が常駐することが出来ないので時給で換算する事が出来ません。

また時給の条件として決まった時間に出社し退社することが条件になっているのでこの場合はそれが出来ないので難しいです。

コミュニケーションが取りづらい

在宅ワークの場合上司に当たる人と連絡を取り扱う場合、zoomやChatWorkなどのサービスでのやりとりだけなのでコミュニケーションに制限がかかってしまいます。

そうすると基本的に1人で調べ物をしたりしなければならいのでかなり効率が悪いです。

当然、なんの知識もありませんし経験もないので仕事のスピードが遅いところ調べ物をすることによりさらに遅くなってしまいます。

自宅の環境を整える必要がある

自宅の環境を仕事が出来る様に整える必要があります。

例えばパソコンです。

もともとパソコンを持っていればいいのですが持っていなければ購入する必要があります。

次に光回線もしくはポケットwifiです。

こちらもあらかじめ契約されていればいいのですがそうでなければ契約する必要が出てきます。

このように環境を整える資金が必要にもなりますので未経験者の在宅ワークは向いていないと思います。

ですがそれでも在宅ワークを行える方法が実はあるんです。

それがこちらになります。

在宅ワークをするためには

未経験者でも在宅ワークを行うには実務経験や知識が重要になります。

それではどうすればそういったのがつくと思いますか?

答えは簡単です。

WEBマーケティングのスクールでは実務経験や知識を身につける他に就職先の斡旋も行なっているスクールがあるのです。

そのスクールに通うことで即戦力としてレベルアップ出来る他に就職先も同時に見つけることが出来ます。

期間としては最短で4週間、長くても3ヶ月かからないところが殆どです。

さらに直接、学校に通うシステムのスクールもありますが殆どがオンライン授業になります。

しかもマンツーマンで教えてもらえるスクールが殆どです。

また講師も現役のWEBマーケターの方なので現在、主に使われているおすすめツールや最新の知識などを質問したり現場はどうなっているのかなどの質問も出来るのがスクールをおすすめするポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

在宅ワークはかなり魅力的ですので当然、憧れて自分もやりたいと思われるかもしれませんが簡単ではありませんよね。

ですがスクールに通うことで即戦力としてレベルアップ出来るので在宅ワークを行うことも難しくありません。

なので在宅ワークをやりたい方はぜひ一度スクールに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。