インターネットの普及率が上がりWEBマーケティング戦略を利用する企業が増えてきました。

そんな中、WEBコンサルタントになられる方も増えてきたので、今回はそんなWEBコンサルタント志望の方必見の内容になってます。

WEBマーケティングの学び方や仕事内容を解説しましたので最後までご覧下さい。

WEBコンサルタントの仕事内容

はじめにWEBマーケティングの定義からお伝えします。

そもそもマーケティングの表現は、それぞれ違うかもしれませんが、トータルして言えるのは、売れる仕組みを作ると集客率を上げることを指しています。

実際に経済学者として名高いピーター・F・ドラッカーも「マーケティングの理想は販売を不要にする」と述べていることでも有名です。

そのため、マーケティングって言うとかなり幅広い業種として分けられることが多いですが、広報やブランディングでもマーケティングと表現されることが多いです。

なので、マーケティングは売れる仕組みを作ると言うことを意味しているのであれば、WEBマーケティングとはどのようなものか少しはイメージがついたと思います。

それでは、WEBコンサルタントのマーケティング業務を解説します。

マーケティングには、市場調査という意味合いがあるので、ターゲット調査を行い、そして、WEBを活用することで売り込みなどの販売活動をしなくとも自然に商品を購入してもらえる流れを作ることが、WEBコンサルタントの仕事となります。

たとえば、「こんな商品やサービスがある」や「どこで売っているか」といった情報をターゲットに知らせることが重要です。

中でも、ターゲット分析は重要で、ターゲットの好みやライフスタイルが理解できていれば彼らに合わせた商品の提案を行うことが出来るのです。

仕事を通じて専門的スキルが学べる

WEBマーケティングでは、ターゲットに合わせて、商品のキャンペーン情報をSNSで発信したり、サービスの特徴などを検索連動広告で認知させる業務なども行うため、ターゲットを決定するための分析能力が身につきます。

この分析能力は、WEBマーケティング以外でも活用される場が多いです。

例えば、プライベートで誰かのプレゼント選ぶときにも応用できますよね。

WEBコンサルタントに必要なスキル

WEBコンサルタントには、ロジカルシンキング思考がスキルとして求められます。

集客や売上アップのためにロジックのある仮説を立てることが出来なければ、ありきたりな方法になってしまうので、期待される成果をあげることが難しくなってしまいます。

そのためWEBコンサルタントには、このスキルが、最も求められるのです。

WEBマーケティングを学ぶには

WEBマーケティングを学ぶのは参考書や教材動画を使った独学でも学ぶことが出来ますが、それよりもっといいのがスクールです。

スクールであれば実務経験が積めます。

mた、講師が現役のWEBマーケターであったり、就職保証が付いているスクールがあったりと利点が多いのも特徴です。

WEBコンサルタントを目指してみては?

いかがでしたでしょうか。

WEBコンサルタントは、さまざまな企業を再生させたりと人から感謝される仕事であると同時に責任感の必要な職業です。

そのためメンタルが、弱い方にはおすすめ出来ません

この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。