インターネットの普及率が上がりWEBマーケティング戦略を利用する企業が増えてきました。

そんななかWEB集客コンサルタントになられる方も増えてきたので今回はそんなWEB集客コンサルタント志望の方必要の内容になってます。

WEBマーケティングの学び方や仕事内容を解説しましたので最後までご覧下さい。

WEBコンサルタントの仕事内容

はじめにWEBマーケティングの定義からお伝えします。

そもそもマーケティングの表現はそれぞれ違うかもしれませんがトータルして言えるのは売れる仕組みを作ると集客率を上げることを指しています。

実際に経済学者として名高いピーター・F・ドラッカーも「マーケティングの理想は販売を不要にする」と述べていることでも有名です。

そのためマーケティングって言うとかなり幅広い業種として分けられることが多いですが、広報やブランディングでもマーケティングと表現されることが多いです。

なのでマーケティングは売れる仕組みを作ると言うことを意味しているのであればWEBマーケティングとはどのようなものか少しはイメージがついたと思います。

それではWEB集客コンサルタントのマーケティング業務を解説します。

マーケティングとは市場調査という意味合いがあるのでターゲット調査を行うことでWEBを活用しながら売り込みなどの販売活動をしなくとも自然に商品を購入してもらえる流れを作ることが出来ます。

こんな商品やサービスがあるやどこで売っているかという情報をターゲットに知ってもらわなければなりませんのでターゲットの分析も怠らずにやる必要があります。

分析もなぜ行う必要があるのかというとターゲットの好みやライフスタイルが理解できていればターゲットに合わせた商品の提案を行うことが出来る他にもこの商品やサービスが欲しいと思ってもらうためです。

専門的スキルが仕事で学べる

WEBマーケティングでは商品のキャンペーン情報をSNSで発信したりサービスの特徴などを検索連動広告で認知させる業務など行います。

またWebマーケティングスキルではWeb上で集客効果を高めるためにさまざまなツールを扱ったりします。

こうする事でターゲットの分析などの分析能力が身につくのでWEBマーケティング以外でも活用される場が多いです。

例えば仕事外のプライベートなどで誰かのプレゼント選びなどでも活用されます。

SEO(Search Engine Optimization)

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称になりGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索をした際に自社サイトがより上位表示されるようにWebサイトの作成を行なったり調整をすることです。

上位表示させるには自社サイトのテーマにあったコンテンツを掲載します。

検索ワードをたくさん入れることだけに固執せずにユーザーに役立つ情報などを織り交ぜてユーザーの目を惹く内容にします。

見たいページをすぐに検索したり出来る様にするために利便性の高いサイトにすることでストレスフリーになりユーザーのアクセス数を増やすことが出来ます。

次に紹介するのが広告になります。

WEB広告の場合はリスティング広告があります。

リスティング広告とはGoogleなどでキーワード検索をした際にその検索結果ページに表示される関連広告のことです。

広告を出す場合には担当者は以下の運用を行います。 

ゴール設定

CV数(コンバージョン数)と呼ばれる広告にアクセスして商品を購入したりお問い合わせや資料請求などの広告主のメリットになった数を現状から何倍に設定するのかや目標売上げの設定をします。

この部分の設定をしっかりと行うことで売上や集客率を上げるための道筋を立てられるので成果を出すことが出来ます。

ではどのように設定するのかというとCV数を現状から2倍にして売上げを2倍とこのように現実的な数字で目標値を設定します。

運用方針の立案

次に上記でお伝えしたゴール設定をしたらゴールまでのプロセスを設定します。

そのためにまずターゲット設定を行いその後に広告のアクセスページから購入までのルートを考えます。

そうしましたら効果を確認するために重要業績評価指標(KPI)を設定します。

そして運用方針の立案を行うのです。

運用方針に応じた施策

方針が決定したらその運用方針に基づいた施策を実行に移します。

その後に施策の成果の確認を行うのですが実はSEO対策ではコストはほとんどかかりません。

ですが広告の場合のコストは高額なのでマーケティング担当者は費用面も考えながらよい広告の出しかたを考える必要があります。

アクセス解析

WEBサイトのアクセス解析を行います。

アクセス解析の内容としてはユーザーのアクセス数のうち商品購入・資料請求・会員登録などに至った割合を解析します。

マーケティング担当者は以下の内容でユーザーの行動分析を行い入り口として最適なページや離脱しやすいページの分析を行います。

また離脱しやすいページの状況を見ながらデザイン・機能などの要因を探し改善案の仮説を立てます。

こうすることによりターゲットユーザーの動向を解析することで不要な商品やサービスの選定も同時にできます。

改善案の実施

TOPページの改善・サイト内機能のデザインの改善・カテゴリページの改善などが向上を目的に改善案を行います。

改善後の確認

改善後にどのように向上したかを確認します。

そしてWebサイトへアクセスしたユーザーの離脱を防ぐ事は出来ているのかやユーザーが最初にアクセスしたランディングページを適正化することが出来ているのかの確認を行います。

WEBコンサルタントに必要なスキル

ロジカルシンキング思考がスキルとして求められます。

集客や売上アップのためにロジックのある仮説を立てることが出来なければありきたりな方法になってしまうので見合った成果をあげることが難しくなってしまいます。

そのためこのスキルが一番求められるのです。

WEBマーケティングを学ぶには

WEBマーケティングを学ぶのは参考書や教材動画を使った独学でも学ぶことが出来ますが、それよりもっといいのがスクールです。

スクールであれば実務経験が積めるんです。

それ以外でも講師が現役のWEBマーケターであったり就職保証が付いているスクールがあったりと利点が多いのが特徴です。

ですので学ぶのはスクールがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

WEBコンサルタントはさまざまな企業を再生させたりと人から感謝される仕事であると同時に責任も重大の職業です。

そのためメンタルが弱い方にはおすすめ出来ません。

この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。