仕事内容やおすすめする理由について詳しく解説

皆さんいんインターンシップ制度名前は聞いたことあるけどどんなものかってご存知ですか?

大学生の方や新卒生の方は記憶に新しいのでご存知だと思いますが今回はインターンシップ制度を受けられた方やこれから受けようとお考えの方に必見の内容です。

ズバリWEBマーケティングにはインターン生がおすすめな理由です。

でもWEBマーケティングって何を意味するのかどんな定義に基づいているかってご存知でない方が多くいらっしゃいますので今回はWEBマーケティングの定義も含めて解説していきます。

それでは定義や仕事内容やメリット・デメリットをまとめたのでぜひ最後までご覧下さい。

  目次

  • WEBマーケティングの定義
  • WEBマーケティングの仕事内容
  • マーケティングインターンのメリット
  • マーケティングインターンのデメリット
  • まとめ

WEBマーケティングの定義

そもそもマーケティングの表現はそれぞれ違うかもしれませんがトータルして言えるのは売れる仕組みを作ると集客率を上げることを指しています。

実際に経済学者として名高いピーター・F・ドラッカーも「マーケティングの理想は販売を不要にする」と述べていることでも有名です。

そのためマーケティングって言うとかなり幅広い業種として分けられることが多いですが、広報やブランディングでもマーケティングと表現されることが多いです。

なのでマーケティングは売れる仕組みを作ると言うことを意味しているのであればWEBマーケティングとはどのようなものか少しはイメージがついたと思います。

WEBマーケティングの仕事内容

WEBマーケティングとは上記でお伝えした売れる仕組みを作り集客率を上げるためのプロセスをWEBで行うことです。

簡単に言ってしまうとネットを使って売上げをアップさせて集客率を上げることです。

それでは売上げや集客率を上げるためにはどのような仕事をしているのかを詳しく解説します。

◆広告

集客率を上げるために行う方法で1番先に思い浮かぶことといえば広告ではないでしょうか。

例えば電車内に張り巡らされた広告・ビルなどにある大型看板・新聞の折込チラシ・WEBなどで頻繁に出てくる広告など広告といえど多岐にわたってあります。

もっと詳しく解説するとインターネット広告にも実はさまざまな種類があります。

最も目にする広告はサイトやブログに掲載されているバナー広告だと思います。

またTwitter・Facebook・InstagramなどのSNSのタイムラインに流れる広告もありますね。

他には、GoogleやYahoo!などで検索した時に一覧の中に出てくる広告と書かれたものがあるのを見たことがあると思います。

それでは広告に関する仕事の流れは下記の通りです。

広告を見極めろ

まず広告選びとしては多くの見込み客の目に触れさせることが大切です。

複数の広告媒体に出稿する場合はにはその割合も決めなくてはなりません。

広告クリエイティブとLPの内容の検討

広告クリエイティブとはLP(エルピー)とはLandingPage(ランディングページ)の略称になります。

またバナーやテキスト広告をクリックしたときのジャンプ先のページです。

商品やサービスの魅力が十分伝わるようにこれらの内容を検討します。

バナー・LPの制作を上記の内容で決めたバナーやLPを制作します。

広告クリエイティブとLPができましたら次は掲載するための準備をします。

広告運用

掲載されている広告の集客効果を検証します。

その後に配信設定を見直したり広告クリエイティブを改善したりします。

誰がどこまで担当するかは会社によって異なりますので伏せておきます。

◆SEO(検索エンジン最適化)

次に解説するのはSEO(Search Engine Optimization)はサーチエンジンオプティマイゼーションの略です。

これを日本語にすると検索エンジン最適化です。

よく使われている検索エンジンはGoogleですよね。

Googleなどの検索エンジンに「ユーザーの役に立つページ」と思ってもらえるようにWEBサイトを便利にすることも仕事の1つです。

目標の日にちをきてに検索エンジンからサイトへ集客するのがSEOです。

それではSEO仕事の流れは下記の通りです。

まずはじめにキーワード選定をするために分析を行います。

キーワード選定を行いターゲット層が検索するキーワードは何なのかを洗い出す必要があります。

またそのキーワードには検索数がいくつあるのかあ

そしてSEOの醍醐味として上位表示はされたのかのか?

などといったことを調査して選定を決めます。

コンテンツ作成

コンテンツとは、Webページの内容のことです。

最近のGoogleの傾向として、コンテンツの質が重視されているため、コンテンツ作成が重要なポイントになります。

対策するキーワードに適したコンテンツを考え、原稿を作成します。

また、文章だけではわかりにくい部分には適切な画像を入れます。

1はすべて戦略企画部で行っています。

◆SNS

Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどのSNSも集客手段のひとつです。

SNSをお使いの方は、企業の公式アカウントというものを見たことがあると思います。

マーケティングインターンのメリット

それではメリットについてお伝えします。

情報収集・分析スキルが身につ

情報やデータを集めて分析を行いそれらを基に施策の検討を行うのはWEB業界だけでなくどの企業でも必要な優れたスキルです。く

同じデータでも様々な切り口から紐解いていくことで新しい発見につながることが多々あります。

さまざまな視点と柔軟な発想力を身につけることが出来ればどんな仕事でも活躍できる優秀な人材になれます。

論理的思考力が身につく

データを基に仮説を立てて施策を実行します。

そのため論理的思考力が必要になるので身に付きます。

なぜそう思ったのかやどうしてこの施策が必要なのかを上司に説明を行い施策を実行する必要があるのでプレゼンテーションスキルも得られるでしょう。

これらのスキルを習得することで就活でも大いに有利になること間違いありません。

IT・Web分野の幅広い知識が身につく

Webマーケティング職は、通常のマーケティング業務からWeb施策やWebプロモーションまで幅広い業務があります。

またシステム会社やデザイン制作会社とやりとりをすることもあるのでプログラミング知識やWEBデザインの知識も自ずと身につくでしょう。

今後はますます需要が高まっていくWEB・IT分野の幅広い専門知識を身につけることでまず食べていくには困らないと言っても過言ではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インターン生はWEBマーケティングにおすすめでしたので解説しましたが、インターンシップ制度を受けることでWEBマーケティングだけに留まらず他の業種の仕事でも重宝される存在になれるのです。

ですのでこの機会にぜひインターンシップ制度を受けてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂きありがとうございました。